古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

欅坂46・織田奈那、初主演作が国際短編映画祭にノミネート

クランクイン のロゴ クランクイン 2018/04/17 00:00 ハリウッドチャンネル株式会社
欅坂46・織田奈那と櫻井淳子ダブル主演『未来のあたし』メインビジュアル(C)シャイカー © Hollywood Channel 提供 欅坂46・織田奈那と櫻井淳子ダブル主演『未来のあたし』メインビジュアル(C)シャイカー

 欅坂46の織田奈那と女優の櫻井淳子がダブル主演し、織田にとっては初主演作となるショートフィルム作品『未来のあたし』が、国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2018(SSFF & ASIA 2018)」のジャパン部門に入選、ノミネーションされたことが分かった。

 本作は、46歳の家庭を持つキャリアウーマン(櫻井)が過去にタイムスリップし、高校時代の自分(織田)と出会う物語。今年初め、豊島圭介監督と織田の共通の故郷・静岡県浜松市で撮影が行われた。普段はグループ活動が多い織田は心細さと緊張で演技に固さが見られたものの、監督からの指導と櫻井のリードもあって、しっかりとした役作りで本番に臨めたという。

 豊島監督の作品が「SSFF & ASIA 2018」にノミネートされるのは、2015年にDefTech MICROが主演した『すけ坊』以来3年ぶり2度目。本映画祭のジャパン部門からは優秀賞やオーディエンスアワード(観客賞)などが選出され、グランプリは次年度の米国アカデミー賞短編部門のノミネート選考対象作品になる。

 織田は「自分が参加させていただいた作品がノミネーションされたことはとっても嬉しいですが、まだ自分のことじゃないみたいでとても驚いています」と信じられない様子。さらに「自分の演技を客観的にちゃんとみたのは初めてだったので少し恥ずかしかったです。演技してる自分が自分じゃないみたいでした」としつつ、「他の方からみて、自分の演技がどのように映るのか分かりませんが、全力で頑張ったので何か感じて頂けたら嬉しいです」とコメント。

 作品について「自分の未来のことについて考えるというのは誰しも学生時代にあったと思うしだれもが悩むことなのでこの作品をみて、今未来のことについて考えてる人もまだ考えていない人も自分の未来を前向きに考えてくれたらいいなと思います」と語っている。

 「SSFF & ASIA 2018」は、6月4日からの東京開催を皮切りに、日本各地のナショナルツアー、日本国外で開催、展開される。

クランクインの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon