古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

田中圭、ガッキーの恋人役 秋ドラマ「獣になれない私たち」新キャスト発表

シネマトゥデイ のロゴ シネマトゥデイ 2018/09/13 06:00
© シネマトゥデイ 提供

 大ヒットドラマ「おっさんずラブ」の田中圭が、『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子脚本による日本テレビ系10月期ドラマ「獣になれない私たち」(10月10日スタート、毎週水曜夜10時~)で、新垣結衣演じるヒロインの恋人役に決定した。その他発表されたキャストに、黒木華、菊地凛子、田中美佐子、松尾貴史、山内圭哉、犬飼貴丈、伊藤沙莉、近藤公園、一ノ瀬ワタルら。

 常に笑顔で仕事は完璧、誰からも好かれる30歳のヒロイン・深海晶(しんかいあきら/新垣結衣)と、世渡り上手で女性にモテる33歳の敏腕会計士・根元恒星(ねもとこうせい/松田龍平)。人生うまくいっているようでままならないアラサー男女の出会いを描く本作。

 今年4月期ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で同性2人の板挟みにあう主人公にふんし、さらなるブレイクを果たした田中が、7月期の「健康で文化的な最低限度の生活」(カンテレ・フジテレビ系)に続いて3期連続で連ドラ出演。本作で演じるのは、ヒロイン・晶の恋人で、大手デベロッパーに勤める花井京谷。優しく保身的な30歳の男性という設定だ。

 田中は主演の新垣&松田、そして映画&ドラマ『図書館戦争』シリーズなどで組んできた脚本家・野木とのコラボに「以前からご一緒したかった主演のお二人、他の方々との共演が楽しみで心踊っています。野木さんのオリジナルシナリオも楽しみですし、初めてご一緒する監督スタッフ、皆で現場を作れたらいいなと、とにかくワクワクしています」とコメント。

 そのほか、晶のストレスの原因となる謎の女性・長門朱里役に黒木華、恒星と最近まで付き合っていた、野性味ある情熱的なブランドデザイナー・橘呉羽役に菊地凛子。黒木の民放・地上波連ドラへの出演は野木が脚本を手掛けた2016年放送の「重版出来!」(TBS系)以来、菊地は2010年放送の「モテキ」(テレビ東京系)以来約8年ぶり。

 黒木は、新垣とテレビドラマ「リーガルハイ」(2013・フジテレビ系)で、松田と2013年公開の映画『舟を編む』などで共演。菊地は新垣、松田と2007年公開の映画『恋するマドリ』で共演しており、田中と脚本の野木とは第22回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞の単発ドラマ「さよならロビンソンクルーソー」(2010・フジテレビ系)でもタッグを組んでいる。

 京谷の母に田中美佐子、晶が勤務する会社の面々に、山内圭哉、犬飼貴丈、伊藤沙莉、近藤公園。晶と恒星が出会うクラフトビール店店長に松尾貴史、ラーメン店店員に一ノ瀬ワタルがふんする。(編集部・石井百合子)

「獣になれない私たち」は10月10日より日本テレビ系で放送スタート(毎週水曜夜10時~・初回10分拡大放送)

シネマトゥデイの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon