古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

賞レース席巻!『女王陛下のお気に入り』予告編公開

シネマトゥデイ のロゴ シネマトゥデイ 2018/11/09 11:00 シネマトゥデイ
© 『女王陛下のお気に入り』より - (C)2018 Twentieth Century Fox

 今年の第75回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員大賞)と最優秀女優賞を獲得し、現地時間10月31日にノミネーションが発表された英国インディペンデント映画賞では最多12部門13ノミネートされるなど賞レースを席巻している映画『女王陛下のお気に入り』の予告編映像が公開された。

 同作は18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるグレートブリテン王国の美しい宮廷を舞台にした作品。虚弱な女王アン(オリヴィア・コールマン)と、女王を支配し権力を奮う公爵夫人レディ・サラ(レイチェル・ワイズ)、女王を魅了することで上流階級への返り咲きを狙う女官アビゲイル(エマ・ストーン)の三人の女性の姿を華麗に描いている。

 公開された予告編では三人の女優が各映画祭での高評価も納得の見事な演技を見せており、女王アンは狂気じみてどこか不気味で、サラとアビゲイルが向かい合うシーンには緊張感がみなぎっている。しかし、そんな中にもヨルゴス・ランティモス監督らしい笑いが織り交ぜられており、映し出される美術セットは圧巻の仕上がりだ。

 『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』など異彩を放つ作品を世に送り出してきたランティモス監督の最新作である今作は、英国インディペンデント映画賞の作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞(オリヴィア)、助演女優賞(エマ)、助演女優賞(レイチェル)、キャスティング賞、撮影賞、衣裳賞、編集賞、メイクアップ&ヘア賞、美術賞、音響効果賞にノミネートされている。(編集部・海江田宗)

『女王陛下のお気に入り』は2019年2月公開

動画を再生

シネマトゥデイの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon