古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

高須院長「生きてたら握手会に行こう」元安美錦の引退相撲に関心

サンケイスポーツ のロゴ サンケイスポーツ 2019/09/11 20:42
高須院長「生きてたら握手会に行こう」元安美錦の引退相撲に関心 © 産経新聞社 高須院長「生きてたら握手会に行こう」元安美錦の引退相撲に関心

 7月の大相撲名古屋場所限りで現役引退した安治川親方(元関脇安美錦)が秋場所3日目の10日、引退相撲を来年10月4日に東京・両国国技館で開催することを明言した。安治川親方の誕生日は10月3日。晴れの舞台はその翌日となる。この日は特典付きチケット購入者との握手会に初めて臨んだ。約200人のファンと記念撮影にも応じ、興奮気味の若い女性客に腕を組まれるなど大人気だった。

 美容外科、高須クリニックの高須克弥院長(74)は、ツイッターでこの話題を取り上げ、「来年か。わし、生きてたら握手会に行こう」とつづった。

サンケイスポーツの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon