古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

肉料理のサイドメニュー、ではなく「フライドポテト」が材料になる料理

TABI LABO のロゴ TABI LABO 2017/01/12 FCF
© TABI LABO 提供

揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいしく食べられる肉料理を紹介します。

サイドメニューではなく

フライドポテトが主役の肉料理

© TABI LABO 提供

牛肉、野菜とともにフライドポテトをさっと炒め合わせるこの「ロモ・サルタード」というペルー料理の味のベースは、しょう油。19世紀、中国からの移民がペルーに移り住んだ際、地元の食材で郷土の味を再現したのが始まりだと言われている料理なんです。

〈材料〉

・牛ステーキ肉:1枚

・フライドポテト:100g

・にんにく:1かけ

・玉ねぎ:1個

・トマト:大1個

・しょう油:大さじ2

・酢:小さじ1

・塩コショウ:適量

・サラダ油:大さじ1

〈つくり方〉

にんにくは薄切りに、玉ねぎ、トマトはフライドポテトの細さに合わせてくし切りに。牛ステーキ肉は2センチ幅にカットします。

フライパンにサラダ油を引いてにんにく、玉ねぎを入れ透き通るまで炒めたら、牛ステーキ肉、フライドポテトを加えて色が変わるまで炒めます。そこへトマトを投入。しょう油と酢を加え、塩コショウで味をととのえればできあがり。

TABI LABOの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon