古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

イライラするのは細菌のせい? 空腹が脳にもたらすこわい影響とは?

MYLOHAS のロゴMYLOHAS 2019/03/25 07:20 島田ゆかり

ハーバード大学やNASA、東京大学など国内外の最新研究結果から、科学的に効果が証明された「元気になれる方法」を、毎日ひとつずつご紹介していきます。

image via Shutterstock image via Shutterstock

空腹状態を避け、

腸内の環境を整えてあげる

気分が安定する

(オハイオ州立大学ブッシュマンらの研究)

イライラの原因として大きなものが「空腹」です。空腹になるとセロトニンが減少します。セロトニンは心の安定と深く関係するホルモン。少なくなるとイライラします。

夫婦107組に、21日間、寝る前にパートナーに見立てた呪い人形と51本の針を渡して、好きなように刺してもらうという実験を行いました。

すると、血糖値が低いときほど人形に刺す針の数が増える傾向が出た、というのです。

また、「世界およびアメリカのトップドクター」に選ばれたレオ・ギャランド医師は、腸内細菌が睡眠やストレスに深い関係があると言っています。そして、記憶、感情、認識にまで影響を与えるのだとか。腸と脳の関係は、大きな注目を集めています。

30日間の「科学的に元気になる方法」をもっと見る

科学的に元気になる方法集めました』(文響社刊)

「毎日を元気にしてくれる科学的なノウハウ」全38項目が収録された一冊。厳選されたノウハウは、世界の科学論文などで紹介されている科学的根拠(エビデンス)があり、誰でもどんな環境でも実践できる簡単なものばかり。科学的に「効果あり!」と認められた方法をご紹介しています。

明治大学教授 堀田秀吾

言語学博士。シカゴ大学博士課程修了。ヨーク大学修士課程修了。言語とコミュニケーションをテーマに、言語学、法学、社会心理学、脳科学などのさまざまな学問分野を融合した研究を展開。専門は司法におけるコミュニケーション分析。

空腹を避けるために

MYLOHASの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon