古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

MYLOHAS のロゴMYLOHAS 2019/12/02 05:30 STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)
© image via shutterstock

ついにシーズン到来。

インフルエンザにかかると、熱、のどの痛み、悪寒、痛みが出て、床に伏せるしかないという状況におちいります。

米国疾病対策センター(CDC) によると、ほとんどの場合、2週間程度でインフルエンザは治ります。しかし、ハイリスクなグループに当てはまる人たちでは、インフルエンザが肺炎や気管支炎など、深刻になることもあるのです。喘息や心臓病などの持病がある人たちが、インフルエンザにかかると、持病が悪化するおそれもあります。

インフルエンザが悪化しやすいハイリスクの人とは、どのようなタイプでしょうか。

いずれかのハイリスクのグループに当てはまるならば、できるだけ早く予防接種をおすすめします。これは、最も簡単で効果的な対策です。

1. 慢性疾患を患っている人、免疫力が低下している人

喘息、心臓病、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、糖尿病、血液、肝臓、腎臓の障害などの慢性疾患にかかっている場合、インフルエンザの合併症を引きおこすリスクが増します。合併症として挙げられるのは、肺炎、気管支炎、副鼻腔や耳の感染など」(米国疾病対策センター)。

もしも持病を抱えている場合、免疫は、すでに働き過ぎの状態になっています。その強い防御反応が起きているために、インフルエンザとの闘いに振り向ける免疫の働きが低くなってしまうのです」と、テキサスヘルス・プレスビテリアン病院ダラス内科、ドナ・ケーシー医師。

HIV / AIDSや白血病などの免疫低下疾患がある場合のほか、化学療法、放射線、副腎皮質ホルモンの長期投与といった免疫力を低下させる薬を服用している場合も同様です。

2. 50歳以上

加齢とともに、免疫の働きが衰え、慢性疾患の問題を引き起こすように。免疫の働きが衰えることによって、インフルエンザにかかりやすくなります。さらに、気管支炎、肺炎のほか、インフルエンザに加えて二次的な細菌感染などの合併症も発症しやすくなります」と、ケイシー医師。

そのため、「50歳以上の人たちは、インフルエンザワクチン接種の優先度の高い集団と見なされています」(米国疾病対策センター)。

3. 幼児

米国疾病対策センターによると、インフルエンザは、小・中学生や大人と比べて5歳未満の幼児、特に2歳未満の乳幼児で重症化しやすい傾向があります。

幼児は、免疫システムが未発達のため、感染症にうまく対応できません。インフルエンザにかかったとき、肺炎や脳症(脳の感染症の一種)のようにもっと深刻なものに重症化したり、脱水症状を示したりすることも(米国疾病対策センターによる )。

4. 妊婦

健康で、おなかに赤ちゃんを宿し、赤ちゃんがすくすくと成長しているとしても、身体に大きな負担がかかります。妊娠は免疫の働き、心臓、肺に変化を引き起こすのです。

「そのため、気管支炎や肺炎など、インフルエンザによる合併症を起こすことがあります」と米国疾病対策センター。

また、深刻な感染症であるため、流産、早産、または低体重児のリスクを高めると、米国妊娠協会は指摘しています。

正しいインフルエンザ予防を

Marygrace Taylor/The 4 Groups of People Who Are Likely to Have Serious Flu-Related Complications/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

MYLOHASの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon