古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

座ったままでOK!チェアエクササイズで冬こそ代謝を上げる!

All About のロゴ All About 2020/01/13 12:45 森 和世(エクササイズガイド)

「年末年始の飲み会が……」などと言い訳をせず、日々のエクササイズを習慣にして太りにくいカラダづくりをはじめましょう。 © All About, Inc. 「年末年始の飲み会が……」などと言い訳をせず、日々のエクササイズを習慣にして太りにくいカラダづくりをはじめましょう。

飲み会が多くてもあきらめない! 冬こそ代謝アップのベストシーズン

寒さが身にしみる時期、忘新年会や年末年始などイベントがあると、つい「太ってもしょうがない」と自分に甘くなってしまいます。

でも、ちょっと待って! あなたと同じようにおいしいものを食べたり、あなたが我慢しているおいしいものまで食べているのに、いつも変わらぬボディラインをキープしている人はいませんか?

その理由は、運動です。実は、運動で代謝を高めるためのベストシーズンは、「秋から冬にかけて」の時期です。人は体温を一定に保つため、外気温に対して無意識にエネルギー(熱量)を発散し体温を調整しようとします。

暑い夏は発散されるエネルギーが少ないのですが、寒い冬は体温が下がらないよう、エネルギーをたくさん放出しながら熱を保っているのです。

冬は太りやすい……ではなく、運動さえすれば、どんどん代謝が高まる時期なのです。今こそ、代謝のかさ上げ時ですよ!

座ったまま代謝アップ「チェアエクササイズ」

このエクササイズは、椅子に座ったまま両足を前に蹴り出す自転車こぎのような動作で、腹筋、背筋、太ももを引き締めます。座ったままできるので、オフィスや自宅で暇さえあれば、どんどん実行しましょうね。

▼効果お腹引き締め・太もも引き締め・体幹強化・脚のむくみ・冷え改善・姿勢の改善効果

▼実践期間1日3分×週3回×3週間でボディラインに変化が生じてきます。

▼やり方▼1. 椅子に浅めに座り、両手は椅子の縁に添える チェアエクサ1 椅子に浅めに座り、両手は椅子の縁に。 © All About, Inc. チェアエクサ1 椅子に浅めに座り、両手は椅子の縁に。

大転子(おしり横の骨)→肩→耳たぶまで縦一直線に並べるように、また吐く息とともにお腹を腰に引き寄せドローイングします。そのまま体幹を安定させ、数回呼吸を繰り返しましょう。

▼2. 両膝を胸の前まで引き上げる チェアエクサ2 両足を床から離し、膝を胸の高さに引き上げる © All About, Inc. チェアエクサ2 両足を床から離し、膝を胸の高さに引き上げる

この時、背中が丸まらないように、背筋で腰を前に押し出し、体幹を意識して姿勢をキープしてください。

▼3. 右足を伸ばす チェアエクサ3 右足をまっすぐ前に伸ばします © All About, Inc. チェアエクサ3 右足をまっすぐ前に伸ばします

つま先までまっすぐ伸ばします。この時、太ももに力が入り過ぎないように、お腹からつま先まで均等に力を入れるように意識してください。

▼4. 左足を伸ばす チェアエクサ4 左足をまっすぐ前に伸ばします そのままリズミカルに左右自転車をこぐように動作しましょう © All About, Inc. チェアエクサ4 左足をまっすぐ前に伸ばします そのままリズミカルに左右自転車をこぐように動作しましょう

そのまま左右の足を自転車をこぐように、軽やかに蹴り出してください。リズミカルに左右自転車をこぐように動作し、8回を目安に繰り返しましょう。慣れてきたら2セット、3セットと増やしてください。

いかがですか? テレビを見ながら、リビングなどで手軽に始められるはずです! もし腰が痛いと思われたら、1セットを丁寧に。もしくは、休憩を挟んでからもう1セットチャレンジするなど、無理のないように実践してみてください。

All Aboutの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon