古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

朝の1分!腹筋をしないでくびれをつくる方法

All About のロゴ All About 2018/11/07 18:45 柳沢 とも子(骨盤ダイエットガイド)

お腹周りの脂肪を落として引き締まったウエストラインを手に入れませんか? 腹筋しなくてもくびれがつくれるストレッチがあるんです! © All About, Inc. お腹周りの脂肪を落として引き締まったウエストラインを手に入れませんか? 腹筋しなくてもくびれがつくれるストレッチがあるんです!

知ってる? 朝ストレッチの嬉しい効果!

ストレッチがダイエットに効果的ということは、読者の皆さんはもうご存知ですよね。気軽にできて気持ちのいいストレッチ。 ダイエット効果を期待して行っている方も多いと思いますが、皆さんは「いつ」ストレッチを行っていますか?

寝る前やお風呂の前後に行う人が多いと思いますが、夜に行うストレッチは、疲労回復や柔軟性アップ、快眠効果が高まりとてもいいと思います。

そして、もしあなたがダイエットを目的としてストレッチをするなら、「朝に行う」ことをオススメします! 朝ストレッチは以下のようなダイエットにとって嬉しい効果がたくさんあるからなんです。

1. 寝ている間に固くなった筋肉がほぐれ代謝がUP

2. ダイエットの大敵! 冷え性の対策にピッタリ

3. 内臓の働きが活発になり便秘解消に効果的

4. 毒素・老廃物デトックスが促され、むくみ解消

朝5分早く起きてストレッチの時間をつくろう!

朝ストレッチのいちばんの難関は、朝5分早く起きること!ですが、朝5分早く起きる習慣を身につけることは、痩せ体質への第一歩です。

朝が苦手、午前中はすぐに行動ができないという人は1日の代謝量が少ないため、体内の排泄がうまくいかず、太るコースになってしまいます。朝から代謝を上げていくことで体は痩せやすくなっていきます。

朝ストレッチのダイエット効果を味方にすれば、腹筋運動なしでもウエストにくびれができるほど、朝のストレッチはダイエットの成功をサポートしてくれます。 継続しやすい朝の1分ストレッチをご紹介します!

メリハリくびれをつくる朝の「サイドストレッチ」

シンプルな動きで、タオルを使ってストレッチ効果を高めます。立った姿勢で行うとより効果的ですが、朝は体が硬くなっている時間でもあるので、ムリなく行いましょう。

▼1. 両手で持ったタオルを左右に軽く引っ張りハリを保つ。息を吸って準備。 「サイドストレッチ」STEP1 © All About, Inc. 「サイドストレッチ」STEP1

▼2. 息を吐きながら、姿勢を保ちながらゆっくり体側をストレッチ。 「サイドストレッチ」STEP2 © All About, Inc. 「サイドストレッチ」STEP2

▼3. 息を吸いながら、1の姿勢に戻り、次は右の体側をストレッチ。 「サイドストレッチ」STEP3 © All About, Inc. 「サイドストレッチ」STEP3

▼4. 1から3の動きをゆっくり5セット繰り返す。

【ポイント】

・ゆっくりとした深呼吸と共に行ってください。

・姿勢を意識して背筋を伸ばします。

・立って行うと、ストレッチ効果がより高くなります。

下腹もへこむ朝の「スパインツイスト・ストレッチ」

立位で行う、とても強度の高いストレッチですので、先のサイドストレッチで体側を伸ばした後に行いましょう。最初はイスを使わなくてもOKです。くびれをつくる腹斜筋はもちろん、下腹や太ももの筋肉も使うのでボディメイク効果はバツグン!

▼1. 低めのイスや階段の段差を使います。両手を頭の後ろへ回し、片足を椅子の上にのせます。息を吸って準備。 「スパインツイスト」STEP1 © All About, Inc. 「スパインツイスト」STEP1

▼2. 息を吐きながら、体が大きく前に傾いたり猫背になったりしないよう、姿勢を保ちながら上体をゆっくりねじります。 「スパインツイスト」STEP2 © All About, Inc. 「スパインツイスト」STEP2

▼3. 息を吸いながら、1の姿勢に戻ります。1と2をゆっくり5セット繰り返す。

▼4. 反対側の手足も同様に5セット繰り返す。

【ポイント】

・最初は両足とも床のまま行ってもOK。ムリがなかったらイスを使います。

・動作中は、腹筋をしっかり使うよう、姿勢を保ちます。

・膝に負担がかかり、違和感がある時は行わないでお休みします。

さて、朝のストレッチはいかがでしたか? 体側を伸ばすサイドストレッチは、とても気持ちがいいですよね。 スパインツイストは足腰を使うとても強度の高い動きです。ムリなくはじめ、少しずつ回数を増やしていってください。

1日の代謝量を高め、腰まわりをスッキリさせるために、朝から代謝を上げていきましょう。朝のストレッチ習慣でくびれをつくりましょう!

撮影協力:トモコ アロハ ピラティス

All Aboutの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon