古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トレンドは定番デニム…ラフすぎない「男ウケ抜群デニム」14コーデ

ananweb のロゴ ananweb 2018/10/24 18:30
どのクローゼットにも1着はあると言っても過言ではないデニム。1年中着用できる便利さと頑丈さ、そしてどんな服にも合わせやすい、完璧なファッションマストアイテムの1つです。パリのストリートファッションを撮影して、ユニークだったり、「やっぱり今年は定番の着こなしで!」というファッショニスタの着こなしを多く見かけました。今回は私も大好きなデニムの着こなし in パリを紹介いたします。

定番ジャケットは、秋冬にはもってこい!

© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

パリでは意外や意外、ライトカラーでもなくネイビーカラーでもなく、定番のブルーデニムが多く見られました。本当にシンプルな定番のジャケットは、何度見たことか。しかし、すらりと着こなしちゃうところがヨーロピアン。かっこいいです。

定番ボトムも、ブルーカラーが今年流!?

© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

デニムはどんな服装にも似合ってしまうというのは、アイリーン(左)を見るとおわかりでしょう。個性的すぎるトップスでも、デニムと一緒なら堅苦しくなく上品に全体をまとめてくれます。今年はトップスをデニムの中に一部だけ入れて全体をバランスとっているファッショニスタが多し!(右)

ダメージデニムは、やっぱり男女人気高し!

© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

ちょっとの破けではなく、もう本当に破けているんです! というほど大胆なものが、パリでは人気のようです。冬には少し寒いですが、そこはタイツなど履いて防備してください。シンプルなデニムでもダメージデニムだとちょっぴりワイルド感がでて雰囲気が変わりますね。

インフルエンサーに人気なのは、全身デニム!

© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

上下デニムはよく他の国でもみましたが、パリではまったく同じお揃いのデニムを上下に持ってくるインフルエンサーを何人か発見! 色違いで上下も素敵だけど、上下同じデザイン&カラーはなかなか上級者向け。全体が重たくなりやすいので、何かポイントを持ってくるとよし!

この写真、どちらもポイントは足もとに持ってきていました。

なるほど! ポイント使いがお手本中のお手本!

© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

普通のデニムジャケット、ちょっぴり個性的なベルトを締めるだけで新しいファッションスタイルに生まれ変わるんですね。また、中のシャツの色とデニムが相性もよく、かなりハイテクニック! 参考になります。

ホワイト&ライトカラーデニムは夏向け? それとも……?

© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

撮影は秋口でしたが、やはりこの時期は定番ブルーカラーが多く、ホワイトやライトカラーを着用する方は少なかった気がします。確かに今見ると、少し寒い印象を受けます。やはりホワイト系は夏がおすすめかも!?

ワンポイントあるデニムジャケットは、おしゃれに差をつける!

© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

男ウケはあまりしませんが、ファッションのクオリティは上がります(笑)。スタッズや染めなど、ひと工夫されたデニムだと、全体をシンプルにまとめるだけでおしゃれファッションのできあがり。1着あると便利なアウターのひとつです。

ロングデニムジャケット、着用ポイントは?

© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

デニムはなかなか重さがある服でもあるので、ロングデニムジャケットとなるとけっこう大変。また重く見えがちでもあるので、その点は足もとをすっきり見せることでカバー。ヨーロッパでもデニム&パーカーのコンビは大人気。カジュアルおしゃれのど定番です。

今回はデニム特集 in パリでした。シンプルな定番デニムの、もともと持っている味を楽しんでいる方が多かったように思います。パリの場合、デニムでもカジュアルになりすぎていないで、上品にまとめているパリジェンヌが多く、着こなしかたはとても参考になります。

デニムはジャケット、ズボンともに1年中着用できるので、ぜひパリジェンヌを真似してみてください。

ananwebの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon