古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

MYLOHAS のロゴMYLOHAS 2019/09/10 06:30 MYLOHAS編集部

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

味つけがめんつゆだけなので、時短ができた分、なすは水にさらしアクをきちんと抜きます。こうすることで、全体がきれいな色合いに仕上がります。

なすの紫色は、ナスニンというポリフェノールによるもの。最近の研究では、このナスニンには強い抗酸化作用があるとされ、肌トラブルなどへの効果も期待されています。

めんつゆで簡単。なすの煮物

<材料1人分>

  • なす 1本
  • 枝豆(冷凍でも可) 少々
  • めんつゆ 小さじ1
  • 水 50ml
  • おろししょうが 少々

<作り方>

  1. なすはへたを取ってとらむきにする(とらむきとは、ところどころ皮を残すむき方。皮があるところとないところの色合いがきれいです)。10分ほど水につけてあくを抜く。
  2. 枝豆は沸騰したお湯で4分ほどゆで、さやから豆を外しておく(冷凍枝豆でも可。解凍方法にしたがって解凍しておく)。
  3. 鍋にめんつゆと水を入れ、少し沸騰してきたらなすを入れ、やわらかくなるまで煮る。
  4. お皿になすを盛りつけ、枝豆を散らし、おろししょうがを少々トッピングしてできあがり。

体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

もっと簡単レシピを知りたい人へ

Diet Plus

MYLOHASの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon