古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

〈アマン〉創設者が手がける新作旅館は、瀬戸田の歴史ある元邸宅

コロカル のロゴ コロカル 2021/04/08 08:00 コロカル編集部
© コロカル 提供

【Photo】写真一覧を見る >

〈Azumi Setoda〉の客室。Photo Tomohiro Sakashita

瀬戸内海はしまなみ街道沿い、生口島の瀬戸田町にあるノスタルジックな商店街〈しおまち商店街〉。

ここに、世界最高峰のリゾートブランド〈アマンリゾーツ〉の創設者であるエイドリアン・ゼッカが提案する旅館〈Azumi Setoda〉、銭湯付帯の旅籠〈yubune〉がオープンしました。

築140年〈旧堀内邸〉の趣はそのままに

エクスクルーシブなリゾートとは一線を画すコンセプトで、幅広い客層に温かみのあるおもてなしを提供し、地域全体に賑やかな連携をもたらす旅館として機能することを目指す同館。

〈Azumi Setoda〉の客室。Photo Tomohiro Sakashita © コロカル 提供 〈Azumi Setoda〉の客室。Photo Tomohiro Sakashita

〈Azumi Setoda〉の客室。Photo Tomohiro Sakashita

2階にある客室の浴室からは美しい景観を眺めることができます。Photo Tomohiro Sakashita © コロカル 提供 2階にある客室の浴室からは美しい景観を眺めることができます。Photo Tomohiro Sakashita

2階にある客室の浴室からは美しい景観を眺めることができます。Photo Tomohiro Sakashita

夜はこのように暖かなライトの光が部屋中を包みます。Photo Tomohiro Sakashita © コロカル 提供 夜はこのように暖かなライトの光が部屋中を包みます。Photo Tomohiro Sakashita

夜はこのように暖かなライトの光が部屋中を包みます。Photo Tomohiro Sakashita

晴れた日は美しい木漏れ日が差し込むことも。Photo Tomohiro Sakashita © コロカル 提供 晴れた日は美しい木漏れ日が差し込むことも。Photo Tomohiro Sakashita

晴れた日は美しい木漏れ日が差し込むことも。Photo Tomohiro Sakashita

京都を拠点とし、日本建築に精通する六角屋・三浦史朗氏が手がけた〈Azumi Setoda〉は、この地に約140年佇む邸宅〈旧堀内邸〉を改装した旅館です。

外観や柱、梁はもちろん、石や植物などまで、従来のものを最大限に活かし、未来へと継承していけるように設計。モダンでありながら旧堀内邸の佇まいを引き継ぎ、「まるで邸宅に招かれているような」心遣いを表現しています。

檜の香りのする50~70平米の客室が22室用意され、それぞれに三浦氏と造園設計集団〈WA-SO design〉による個別に設計された坪庭つきという贅沢なつくりです。

Photo Max Houtzager © コロカル 提供 Photo Max Houtzager

Photo Max Houtzager

Photo Max Houtzager © コロカル 提供 Photo Max Houtzager

Photo Max Houtzager

Photo Max Houtzager © コロカル 提供 Photo Max Houtzager

Photo Max Houtzager

食事は、魚介類や柑橘類、野菜など、地元の旬な食材や、瀬戸田が海上交易の要所であったことから、アジアやペルシャを感じさせるハーブやスパイスを使った、おまかせコースやアラカルトがいただけます。旧堀内邸に保管されていた貴重なお皿で出てくるというから楽しみ。

季節によって、レモン風呂や塩の湯も 〈yubune〉のエントランス。Photo Tomohiro Sakashita © コロカル 提供 〈yubune〉のエントランス。Photo Tomohiro Sakashita

〈yubune〉のエントランス。Photo Tomohiro Sakashita

一方、旅館棟の向かいには、別棟の銭湯付帯の宿泊施設〈yubune〉が。

男湯。Photo Tomohiro Sakashita © コロカル 提供 男湯。Photo Tomohiro Sakashita

男湯。Photo Tomohiro Sakashita

女湯。Photo Tomohiro Sakashita © コロカル 提供 女湯。Photo Tomohiro Sakashita

女湯。Photo Tomohiro Sakashita

客室。Photo Yuna Yagi © コロカル 提供 客室。Photo Yuna Yagi

客室。Photo Yuna Yagi

銭湯とサウナ、湯あがりラウンジ、客室14室が備わっており、銭湯は宿泊客だけでなく、ビジターも利用が可能。季節によって、レモン風呂や塩の湯の体験、サウナのサービスもあります。

また、サイクリングツアーやレモン狩り体験、瀬戸内海の魚釣りツアー、サンセットクルーズ、お寺での座禅体験、お料理教室などの、地域に根ざしたアクティビティも用意。

瀬戸田の沿岸。Photo Max Houtzager © コロカル 提供 瀬戸田の沿岸。Photo Max Houtzager

瀬戸田の沿岸。Photo Max Houtzager

瀬戸田のレモン谷の風景。Photo Max Houtzager © コロカル 提供 瀬戸田のレモン谷の風景。Photo Max Houtzager

瀬戸田のレモン谷の風景。Photo Max Houtzager

夕日が美しいしまなみ海道。Photo Max Houtzager © コロカル 提供 夕日が美しいしまなみ海道。Photo Max Houtzager

夕日が美しいしまなみ海道。Photo Max Houtzager

〈Azumi Setoda〉の背景には、旅館の持つ家庭的なおもてなしの心と、その土地に思いを馳せる体験こそが未来に求められる豊かさであると考えながら、同時に地域の活力を取り戻すことにも貢献していきたいという想いもあるのだとか。

世界各地でラグジュアリーホテルを手がけてきたエイドリアン・ゼッカが、瀬戸田という地で表現する現代の旅館。同館が瀬戸田とどう調和し、未来を紡いでいくのか、とても楽しみです。瀬戸内近郊に訪れた際は、ぜひ足を運んでみてください。

information

Azumi Setoda

ゲストルーム(最大3名):22室(約50~70平米)

共有部:ダイニング、ブライベートダイニングルーム、庭園、ラウンジ、ギャラリー、あずまや

 

yubune

ゲストルーム(最大2~4名):14室(約20~30平米)

共有部:男女別浴場およびサウナ、湯あがりラウンジ(yuagari)

※ラウンジスペースは、朝食ラウンジまたは休憩所としてご利用いただけます。

 

住所:広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田269

TEL:0845-23-7911(代表)

料金:Azumi Setoda:約7万1500円~、yubune:約2万2000円~(ともにサ別、銭湯入浴・軽い朝食込)

公式サイト:Azumi Setodayubune

Instagram:Azumi Setodayubune

*価格はすべて税込です。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

【colocal】Webマガジン・コロカルの記事 >

colocalの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon