古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

インテリアデザインをおしゃれにするために押さえておきたい6つのポイント

Homify のロゴ Homify 2017/08/12 Takashi Sasaki

インテリアデザインをおしゃれにしようと思っても、なかなか納得いくかたちにならないということを経験したことがある方も少なくないはずです。自己流でインテリアをコーディネートしていく方も多いと思いますが、いくつかのポイントを押さえていくことでおしゃれでオリジナルのデザインにしていくことができます。そこで今回は、インテリアデザインをおしゃれにするために押さえておきたい6つのポイントを紹介していきたいと思います。

インテリアデザインのスタイルから色や素材を決める

homify / Live Sumai - アズ・コンストラクション -: 『 ふんわり北欧スタイルのすまい 』: Live Sumai - アズ・コンストラクション -が手掛けたリビングです。 © homify / Live Sumai - アズ・コンストラクション - 『 ふんわり北欧スタイルのすまい 』: Live Sumai - アズ・コンストラクション -が手掛けたリビングです。

インテリアデザインといっても和風や洋風、モダンやカジュアルスタイルなど、様々なスタイルがあるので、まずはどのスタイルのインテリアにしていくかを決めましょう。そして、インテリアスタイルが決まったら、それぞれのスタイルに合った色や素材を決めていきましょう。こちらのLIVE SUMAIが手掛けた北欧スタイルの住まいでは、ナチュラルな印象を感じさせてくれる色や木の家具が取り入れられ、また、そうした家具の丸みある形からも柔らかな木の温かみを感じることができます。

家具を含めてインテリアデザインを考える

homify / dwarf: K's HOUSE: dwarfが手掛けたリビングです。 © homify / dwarf K's HOUSE: dwarfが手掛けたリビングです。

新築やリノベーションの工事が終わってから、どんな家具を置くか考える方も多いのではないでしょうか。しかし、すでに決まっている内装デザインにぴったり合うような家具を見つけることは簡単なことではありません。当然家具もインテリアデザインの重要な要素となることから、家づくりと一緒に、あるいはすでにある家具に合わせて内装デザインを決めていくなど、建築家と話し合いながら家具を含めたインテリアデザインを考えていきましょう。

まとまりを持たせる

homify / TBJインテリアデザイン建築事務所: ​sky heights 102: TBJインテリアデザイン建築事務所が手掛けたリビングです。 © homify / TBJインテリアデザイン建築事務所 ​sky heights 102: TBJインテリアデザイン建築事務所が手掛けたリビングです。

インテリアに取り入れたい家具や置物などのアイテムを自由に選んでいくと、それぞれの物が不揃いの色や大きさやスタイルとなってしまい、単体ではおしゃれでも、インテリア全体としてはぼんやりとした印象となってしまいます。先程の家具を含めたインテリアデザインを考えていくことはもちろんのこと、小さな家具や置物などもインテリア全体のまとまりが保たれるようなものを選んでいきましょう。

「見せる収納」と「見せない収納」を意識する

生活していると物が増えていき、物が溢れかえることでおしゃれなインテリアが損なわれることもあります。逆に、物が何もないと冷たく殺風景なインテリアとなってしまいます。おしゃれなインテリアデザインとしていく上では、「見せる収納」と「見せない収納」を意識して物を納めていくこともポイントとなります。見せる収納については、「あるものすべてがデコレーション!おしゃれなキッチンの「見せる収納」方法」も参考にしてみて下さい。

部屋を明るく広々と感じさせるインテリアデザイン

homify / スタイル工房 stylekoubou: ビンテージマンションを自分色に: スタイル工房 stylekoubouが手掛けたです。 © homify / スタイル工房 stylekoubou ビンテージマンションを自分色に: スタイル工房 stylekoubouが手掛けたです。

部屋の大きさが十分に広い場合は問題ありませんが、なかなか広々とした部屋や住まいを手に入れることは難しいと思います。コンパクトな部屋の大きさに合わせた家具のサイズや配置を考えながら、部屋を明るく広々と感じさせるインテリアデザインにしていくことも押さえておきたい重要なポイントとなります。こちらのように背の低い家具を取り入れることで、視線が通りやすくなるようにすることも1つの方法となります。

写真:スタイル工房_stylekoubou

アイキャッチャーとなるものを取り入れる

homify / enbe interior designs: enbe interior designsが手掛けたダイニング © homify / enbe interior designs enbe interior designsが手掛けたダイニング

インテリアにまとまりを持たせることをポイントの1つとして挙げましたが、そのまとまりあるインテリアの中にアイキャッチャーとなるアイテムを取り入れることで、インテリアデザインのおしゃれさをさらに一段階上げることができます。こちらのようにワンポイントとなる色やアイテムを取り入れながら、季節ごとにインテリアの雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。

Homifyの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon