古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

冷蔵庫収納術 開いたときにチューブが倒れないしまい方

ESSE-online のロゴ ESSE-online 2018/05/15 21:08 ESSE ONLINE
© FUSOSHA Publishing Inc. 提供

自立しにくいマヨネーズやケチャップ、ワサビなどのチューブ類の収納、どうしていますか?

ドアポケットの隙間にとりあえず突っ込んでいるだけだったり、マヨネーズを取り出したらケチャップが倒れてしまったなど、心当たりのある人もいるのではないでしょうか。

チューブ類の収納について、冷蔵庫収納家の福田かずみさんに詳しく教えていただきました。

ドアポケット収納を成功させる秘訣は「ゾーニング」

「ドアポケットの中で、それぞれのチューブに対する部屋をつくってあげることが大切です」と福田さん。それではどのように部屋を区ぎったらいいのか、語ってもらいました。

●両開きの冷蔵庫だったら、向かって左側にチューブ類を!

「ゾーニング」とは、空間を用途別に分けて配置することです。今回はチューブ類にしぼって、わが家の冷蔵庫をサンプルに、ゾーニングの仕方を紹介していきたいと思います。

© FUSOSHA Publishing Inc. 提供 わが家の冷蔵庫は両開きタイプで、向かって左側のドアポケットに、マヨネーズやケチャップ、お好み焼きソースなどのチューブ類が、まとめて収納されています。

なぜ左側かというと、この冷蔵庫では右側のポケットに比べて左側はスペースが小さくつくられていて、ゾーニングしやすいからです。

© FUSOSHA Publishing Inc. 提供 ポケットに隙間なくチューブが入っていますが、たとえばマヨネーズを取り出しても、そのほかのものが倒れてくることはありません。

それは、ちゃんと倒れてこない仕掛けをしてあるからです。

© FUSOSHA Publishing Inc. 提供 じつは、このドアポケットを仕きりによってあらかじめゾーニング。マヨネーズやケチャップ、たこ焼きソース、お好み焼きソース用として4つに分けてあります。あわせて、ワサビや辛子用のチューブスタンドを設置。合計で8か所にゾーニングしています。

© ESSE ONLINE 取り出してみるとこんな感じです。ワサビや辛子のチューブスタンドは、100円ショプで購入したもの。マヨネーズ類には、ゼリーが入っていた透明のデザートカップを使っています。プラスチックなので、うっかり落としても割れる心配がありません。

でも、このような容器を活用する際に、気をつけたいポイントもあります。それは筒状のタイプを選ぶこと。たとえば、プリンが入っているカップは、上部が広がっている形のものが多くみられます。このような形状だと、スペースにムダがでてしまいます。また、隣接する容器同士の設置面積が少ないので、安定しません。

それから、もうひとつ。

空間を隙間なく仕きることも大事。先ほどのポケットに、マヨネーズとケチャップにだけ容器を設置するというのでは、残念ながらうまくいきません。なぜなら、スペースに余白があると容器が移動してしまうからです。ともすると、取り出した勢いでひっくり返ってしまったり、扉の開け閉めだけでも動いてしまいます。ゾーニングの失敗例です。

ちなみに、今回は、両開きの冷蔵庫(フレンチドアタイプ)の例をご紹介しました。片開きタイプの冷蔵庫の場合、ドアポケットが大きくなっているので、ゾーニングを細かくすることを意識して取り入れてみてください。

ゾーニングが、ドアポケット収納を成功させる秘訣になります。

用途や容器の形状ごとにグループ分けし、スペースを隙間なく仕きるゾーニング、ぜひお試しください。

●教えてくれた人

【福田かずみさん】

冷蔵庫収納家。独自の冷蔵庫活用術を構築し、家庭の冷蔵庫から食料廃棄をなくす啓蒙活動にも積極的に取り組む。ブログ「美人冷蔵庫LIFE」を更新中

ESSE-onlineの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon