古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

心地良い畳空間のある家

Homify のロゴ Homify 2017/05/19 JUTO

一時期、「もう和室は必要ないよねっ」という風潮がありました。でも実際はこの上なく心地良いタタミスペース、様々な用途にもフレキシブルに対応してくれるんです。ご紹介するのは福田康紀建築計画が手がけた現代のライフスタイルに合った快適でモダンな畳空間を1階と2階に設けた住宅。この住まいの特等席である畳敷きのリビングに座って眺める景色は格別なんです。

シンプルな形態の開放的な外観

homify / 福田康紀建築計画: 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けた家です。 © homify / 福田康紀建築計画 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けた家です。

美しい自然が広がる石川県ののどかな町に計画された住宅です。周囲には昔ながらの日本瓦の家が残る開けた場所にある敷地。その形状に沿って建物はシンプルな長方形のプランを採用。地域の既存住宅同様あえて境界壁を設けていませんが、1階部分は若干高い位置に開口を設けさりげなくプライバシーに配慮しています。

2色の外壁がひと際目立つモダンな佇まい

homify / 福田康紀建築計画: 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けた家です。 © homify / 福田康紀建築計画 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けた家です。

下階はブラウンの塗り壁、上階はダークグレーの金属板葺きの外壁を採用したモダンな佇まいが目を引きます。よく見るととても緩やかなこう配をもった屋根は、のどかな田畑と小高い山の風景に向って開かれた内部空間に広がりをもたらします。植えたばかりの植は家族と共に育っていき、住宅と街並に親しみのある表情を添えてくれるのでしょう。

和モダンな内部空間

homify / 福田康紀建築計画: 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けた和室です。 © homify / 福田康紀建築計画 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けた和室です。

木製の引き戸タイプの玄関を入ると視線は自然と玄関ホールのすぐ脇の和室へ。下半分をガラスにした障子による仕切りが風情のある佇まいを醸し出しています。和のテイストを意識した控えめなデザインはモダンな生活スタイルにも違和感なく馴染み、洗練された空間を作り出します。

玄関と繋がる和室

homify / 福田康紀建築計画: 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けた和室です。 © homify / 福田康紀建築計画 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けた和室です。

仕切りを開けるとこんな感じで土間空間と一体化します。小上がりに座って近所の人との井戸端会議やお客さんにもすぐに上がってもらえるのが嬉しいですよね。様々な木を床や建具、天井などにふんだんに使ったほっと落ち着くインテリアです。玄関を入ると視線はそのまま奥の地窓のほうへと抜け、空間に奥行きを与えています。

眺めの良い2階に配置したLDK

homify / 福田康紀建築計画: 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けたリビングです。 © homify / 福田康紀建築計画 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けたリビングです。

主要な生活空間は素晴らしい眺望が望める2階に配置。のんびりとした田園風景がキッチン、ダイニングそしてリビングのどこからでも楽しめるように計画されています。リビング空間は畳敷きで旅館のような趣きに。縁なしの琉球畳を採用しているのでモダンでスタイリッシュな空間になっています。

目線の高さを合わせるとコミュニケーションも増える

homify / 福田康紀建築計画: 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けたダイニングです。 © homify / 福田康紀建築計画 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けたダイニングです。

キッチンのワークトップと一体化したダイニングテーブルを囲んで、片側はチェア、反対側は40cmほど上がった畳スペースに座ります。動線的にも優れたコンパクトにまとまったLDKは、天井の高さの違いを利用して間接照明でさらに洗練された雰囲気に演出。調理をしながらダイニングでまたは座卓でくつろぐ家族との会話も楽しくなる豊かな空間です。畳敷きのリビングなら「伝統建築の可能性 – モダンなライフスタイルにもぴったり!」も参考になりそうです。是非ご覧ください。

新鮮かつトラディショナルな生活スタイルが生まれる住まい

homify / 福田康紀建築計画: 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けたリビングです。 © homify / 福田康紀建築計画 和気町の家: 福田康紀建築計画が手掛けたリビングです。

とても緩やかなこう配を持つ天井は自然の風景に向って広がりを見せ、そのままテラスの軒へと伸びていきます。そして床座りのライフスタイルによって目線は自然と下がり、ちょうど良い眺めを遠くまで見渡せるだけでなく空間を広く感じることができるんです。立地の長所をうまく生かし自然を含め周辺環境を最大限に取り入れた心地良い住まいですよね。さらに造作家具や建具にもナチュラルな素材をふんだんに使っています。この座卓用のリビングテーブルもわざわざ銘木屋さんで探した無垢材を仕上げてもらった唯一無二のテーブルなんです。そんなこだわりのある家づくり、是非皆さんの参考にしてくださいね。

Homifyの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon