古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

持ち運べる「1畳ハウス」に「移動式サウナトラック」? 東京下町で“ヒュッグリ”イベント開催

コロカル のロゴ コロカル 2018/05/17 19:16 コロカル編集部
© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

【Photo Gallery】記事の写真一覧 →

2018年5月27日(日)、東京都江東区のTHE FLEMING HOUSEにて〈ヒュッグリ市〉が開催されます。これは、今年で3回目を迎える“いい時間を過ごすきっかけ”を集めたマーケット。

会場には雑貨やクラフトフード、移動式の「サウナトラック」、持ち運べる小屋「1畳ハウス」などが集います。

「SON OF THE SMITH」オレゴン州ポートランドで修行した信州の2人の農家がつくるハードサイダー(発泡性のリンゴのお酒)。 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 「SON OF THE SMITH」オレゴン州ポートランドで修行した信州の2人の農家がつくるハードサイダー(発泡性のリンゴのお酒)。

「SON OF THE SMITH」オレゴン州ポートランドで修行した信州の2人の農家がつくるハードサイダー(発泡性のリンゴのお酒)。

持ち運べる小屋「1畳ハウス」。海でも山でも、家の中でも楽しめる小さな小屋です。 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 持ち運べる小屋「1畳ハウス」。海でも山でも、家の中でも楽しめる小さな小屋です。

持ち運べる小屋「1畳ハウス」。海でも山でも、家の中でも楽しめる小さな小屋です。

「HYGGELIG(ヒュッグリ)」という言葉にはデンマーク語で「心地よい」「やすらぐ」「ほっこりする」に近い意味があるのだとか。

主催は“場を生む会社”〈バウム〉さん。バウムのインハウスチームと米国の提携スタジオ、コペンハーゲンのクリエイティブコミュニティ、そして外部のプロフェッショナルが集い、場づくりなどを手がけています。

これまでに手がけたプロジェクトは、先ほどご紹介した「1畳ハウス」や、小倉ヒラクさんの著書『発酵文化人類学』(木楽舎)の装丁、渋谷の〈コーヒーとサンドイッチ ampere〉のブランディングなどなど。バウムさんの活動にも興味津々です。

渋谷の“なつかしいサンドイッチスタンド”〈コーヒーとサンドイッチ ampere〉。自家製サンドイッチとバリスタの淹れるコーヒーが手軽に楽しめるコーヒースタンド。 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 渋谷の“なつかしいサンドイッチスタンド”〈コーヒーとサンドイッチ ampere〉。自家製サンドイッチとバリスタの淹れるコーヒーが手軽に楽しめるコーヒースタンド。

渋谷の“なつかしいサンドイッチスタンド”〈コーヒーとサンドイッチ ampere〉。自家製サンドイッチとバリスタの淹れるコーヒーが手軽に楽しめるコーヒースタンド。

HYGGELIG MARKET © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 HYGGELIG MARKET

HYGGELIG MARKET

マーケットは数多くあれど、ユニークな出店者が集うのはヒュッグリ市ならでは。やっぱり気になるのは、アウトドアサウナを楽しめる「サウナトラック」です。

〈Sauna Truck〉 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 〈Sauna Truck〉

〈Sauna Truck〉

これはぜひ一度体験してみたい!このプロジェクトは2018年6月2日まで、CAMPFIREにてクラウドファンディングも実施中です。(詳細はこちら!)

おとなり墨田区からは、1916年創業のガラスびん製造販売業〈大川硝子工業所〉が参加します。

〈大川硝子工業所〉 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 〈大川硝子工業所〉

〈大川硝子工業所〉

ガラスびんは天然の素材からつくられているので、環境への負担が少ないのだとか。使い捨てのペットボトルやプラスチックびんは便利ですが、ガラスびんを大事に使うのもいいですね。

このほかにも、ユニークな出店者さんがたくさん。ぜひお出かけになってみてくださいね。

〈CUIIJI〉島根県美郷町でつくられるイノシシ料理の缶詰です。 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 〈CUIIJI〉島根県美郷町でつくられるイノシシ料理の缶詰です。

〈CUIIJI〉島根県美郷町でつくられるイノシシ料理の缶詰です。

「紙の可能性を探ること」を活動の原点とする〈paper parade printing〉。今回は紙活字を体験できるミニワークショップと紙活字で作ったグッズの販売を行います。 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 「紙の可能性を探ること」を活動の原点とする〈paper parade printing〉。今回は紙活字を体験できるミニワークショップと紙活字で作ったグッズの販売を行います。

「紙の可能性を探ること」を活動の原点とする〈paper parade printing〉。今回は紙活字を体験できるミニワークショップと紙活字で作ったグッズの販売を行います。

information

HYGGELIG MARKET ヒュッグリ市

開催日:2018年5月27日(日)

時間:11:00〜17:00

会場:THE FLEMING HOUSE

住所:東京都江東区三好2-6-10

アクセス:清澄白河駅より徒歩6分

主催:株式会社バウム

Web:ヒュッグリ市 バウム Facebook

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

【colocal】Webマガジン・コロカルの記事 →

colocalの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon