古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

映画が生んだ妖精、オードリー・ヘプバーンの貴重な姿をみる写真展

cafeglobe のロゴ cafeglobe 2018/01/09 18:45 cafeglobe編集部
映画が生んだ妖精、オードリー・ヘプバーンの貴重な姿をみる写真展 © MEDIAGENE INC 提供 映画が生んだ妖精、オードリー・ヘプバーンの貴重な姿をみる写真展

2018年1月10日から22日まで「日本橋三越本店」にて写真展「オードリー・ヘプバーン」が開催されます。

© MEDIAGENE INC 提供

©Bob Willoughby

まったく無名の新人女優だったオードリーは、1953年に『ローマの休日』でセンセーショナルなデビューを果たして以降、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、グラミー賞、エミー賞と、賞を総なめするほどの名女優に。晩年はユニセフの親善大使として慈善事業に携わる姿も印象的でした。

© MEDIAGENE INC 提供

©Bob Willoughby

本展は、オードリーの若き日の可憐な姿を捉えた写真を中心に構成されています(ちなみにオードリーは映画史上もっとも多く写真を撮られた女優とも呼ばれています)。

© MEDIAGENE INC 提供

©Mark Shaw

© MEDIAGENE INC 提供

©Bob Willoughby

3部構成となっており、女優としての姿をまとめた「映画」、飾らぬ姿をまとめた「プライベート」、そして「ファッション」で展開されます。

そう、オードリーはファッションアイコンとしても名を馳せた人物。「大きなプール付きの家を夢見る人がいるけれど、わたしにとっての夢は大きなクローゼットだわ」といった、ファッションアディクトぶりを示す言葉は複数残されているのです。なかでも有名なエピソードといえば、オードリーとユベール・ド・ジバンシィの交流。かの有名なサブリナパンツを生みだした映画『麗しのサブリナ』の衣装をジバンシィに依頼してからというもの、2人は生涯を通じたパートナーとなりました。

© MEDIAGENE INC 提供

©Mark Shaw

約1,500点に及ぶオードリーのフォトコレクションから、写真家マーク・ショウやボブ・ウィロビーなど、一流のハリウッドフォトグラファーが撮影した約200点が並ぶ本展。いまなお「妖精......!!」と感動する美しさを目の当たりにするはずです。

写真展 オードリー・ヘプバーン

会期:2018年1月10日(水)〜22日(月)

会場:日本橋三越本店 新館7F催物会場

時間:10:30〜19:30(最終入場19:00)

入場料:一般800円

問い合わせ:03-3241-3311(日本橋三越本店 大代表)

Cafeglobeの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon