古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

朝食も時短に!「炭水化物だけ」が「野菜も肉も」に変わる冷凍ワザ

ESSE-online のロゴ ESSE-online 2018/09/10 21:08 扶桑社

朝は、一日の始まり。しっかり朝食をとりたいものの、なかなか時間がないのが実情です。そんなとき、包丁やまな板も使わず、手軽に朝食ができたらうれしいですね。

ここでは暮らしのプロ、ライフオーガナイザーの佐藤美香さんに、冷凍を上手に取り入れて、朝食をスムーズに準備するワザを教えてもらいました。忙しい朝を元気に乗りきることができます!

パン派もご飯派も。冷凍庫を使って、朝の準備をスムーズに

「パンにのせる具材や、おにぎりの具を事前に冷凍しておくだけで、忙しい朝も時間をかけずにしっかりした朝食ができ上がります」と佐藤さん。

●朝食はパン派の人は、冷凍野菜でピザトーストを

菓子パンやマーガリンをサッと塗っただけの食パンだけ…。そんな朝食では、野菜が不足してしまいます。「野菜を冷凍しておけば、パンにのせて焼くだけでピザトーストが完成します」

ピザの具のせる © ESSE-online ピザの具のせる トーストの具を冷凍しておけば、朝の準備が時短に●冷凍ピザの具のつくり方

(1) 保存容器にラップを敷き、タマネギ・ピーマン・ベーコンなどの具材を薄く広げる

(2) 具材をラップで包み、冷凍する

朝は、トーストにピザソースやケチャップを塗り、この冷凍ピザの具とチーズをのせて焼くだけ。

「『冷凍ピザの具』を準備する際、果物も切って冷凍しておきましょう。朝食の際にジューサーにかければ、ピザと一緒にスムージーも楽しめます。バナナやリンゴが合わせやすくておすすめ。マンゴーやブルーベリーなどの市販の冷凍フルーツを使ってもいいですね」

●朝はご飯派の人は、おにぎりの具を用意

朝はサッと食べられるおにぎりが重宝します。冷凍のおにぎりの具を用意しておけば、すぐに握れます。「濃い目の味つけにしておくと、ご飯に塩を混ぜたりしなくていいのでラクチンですよ」 おにぎりの具 © ESSE-online おにぎりの具 ●冷凍おにぎりの具のつくり方

(1) 味が濃い目のおかずをつくる(わざわざつくらなくても大丈夫。夕飯のおかずを多めにつくって取り分けておきましょう。プルコギやネギ塩カルビなどがおすすめ)

(2) ラップで小さめに丸く包み、冷凍する

(3)朝ラップをはがし、(4)ご飯に入れて握って、レンジで加熱すればOK。「おみそ汁も、野菜や油揚げなどを切って冷凍しておき、朝はだしパックと冷凍みそ汁の具を鍋に入れれば、簡単にでき上がりますよ」

●保存容器に入れ、立てて収納すれば在庫管理もスムーズ

冷凍庫 © ESSE-online 冷凍庫 「ピザトーストやおにぎりの具、切った野菜や果物を冷凍する際は、1回ごとに同じ保存容器に入れるようにしておくと、在庫管理がしやすいです。また、立てて収納するとひと目で見渡せるので、出し入れするのもスムーズ」

家から持っていく飲み物を凍らせるときはひと工夫を

ペットボトル © ESSE-online ペットボトル 朝は冷たい飲み物で目を覚ましたい、持ち歩くために飲み物を凍らせたい…。そんなときはボトルに2/3ほどの飲み物を入れ、口の部分をふさがないよう斜めにして凍らせておくと便利。「ペットボトルを凍らせたはいいものの、いざ飲もうとしたときに溶けずに飲めない、なんてことがなくなるうえ、長時間冷たい状態を保てます」

※ペットボトルは冷凍可のものを使用してください

忙しい朝にスムーズに準備ができると、気持ちがいいですよね。上手に時間を節約して、1日を元気に楽しみましょう。

●教えてくれた人【佐藤美香さん】夫と長女中3、二女小6、三女2歳の5人家族。ライフオーガナイザー、リユースマスターの資格を生かしてイベントや講座、片づけ作業などを行っている。ブログ「愛家」を更新中

ESSE-ONLINEの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon