古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

母乳が出ずに落ち込む日々… 旦那から言われたある一言に救われた…!【メルヘン男子とPOWER PUFF BOY 第29話】

ウーマンエキサイト のロゴ ウーマンエキサイト 2019/12/03 12:00 Arare

上の子のときは問題なく授乳できたので、第3子も当然のように母乳が出ると思いこんでいた私…。母乳だけでは足りない状況に大きな不安を持つようになりますが、夫の一言で救われることになります。

▼前回エピソード

https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1574659593150/(https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1574659593150/)

■母乳だけでは足りず、ミルクを足す日々

自分の母乳が出てないのか、赤ちゃんの飲む力が上の子たちより弱いのか、そのどっちもなのかはわかりませんが、結局長男次男のように、退院日までに「母乳のみでオッケー!」とはならず…。しばらく授乳の後にミルクを足してやっていくことになりました。

不思議なことに、母乳の悩みがなかったときは、母乳で育てようとミルクで育てようと、どっちが良いなんてことはないし、全く気にする必要なんてないよ! と思っていたのに、いざ自分がそういった悩み直面すると、母乳が足りずミルクを追加することに、とても罪悪感を持ってしまう自分がいました。

そして自分を責めるようになったり…

© ウーマンエキサイト 提供

周囲の人のちょっとした一言でも落ち込むようになりました。

© ウーマンエキサイト 提供

それ以外にも、今まで夜中の授乳は大変だと思っていましたが、ミルクはお湯を注いで人肌に冷まして…とやる事が母乳のときより増える…。

お出かけのときも、ミルクの持ち歩きの事を考えないといけない…。

など、ミルクで育てているお母さんたちは、大変な思いをしていたんだなと痛感させられました…。

© ウーマンエキサイト 提供

■旦那の一言に救われる

もうこのまま自分は母乳が出なくなるんじゃないか…、とどんどんマイナスなことを考えるようになり、旦那に愚痴ったとき、意外な事を言われました。

© ウーマンエキサイト 提供 © ウーマンエキサイト 提供

たしかに子どもたちは生まれる前から「赤ちゃんにミルクをあげてみたい!」 とずっと言っていました。ミルクだと旦那も子どもたちも赤ちゃんに関わる機会がさらに増える! そんな考えもあったのか!と気持ちが楽になっていきました。

そして、母乳外来で産婦人科に行ったときも、担当の看護師さんに色々相談に乗ってもらえました。

© ウーマンエキサイト 提供 © ウーマンエキサイト 提供

それからはあまり深く考えないようにして、ミルクでの育児にもたくさんメリットはあるんだと楽しめるようになりました!

今は赤ちゃんの体力もついてきたようで、母乳のみになっていますが、この体験から、母乳やミルクの会話って何気ない一言で傷つけてしまう事もあるんだと身をもって分かりました。

なので自分もこういった話題のときは慎重に話そう、と再確認するきっかけになりました。

ウーマンエキサイトの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon