古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

2人育児の壁を乗り越える! 子育てヒントも満載の「うちのこざんまい 2人育児の波に乗れ!」

ウーマンエキサイト のロゴ ウーマンエキサイト 2018/11/09 12:00 いずみかな
うちのこざんまい書籍紹介用 © Excite Japan 提供 うちのこざんまい書籍紹介用

ウーマンエキサイトでも人気の内野こめこさんの書籍『うちのこざんまい』の第3弾が発売されました。

ブログで人気の4コマやコミックエッセイに加え、書き下ろし50ページを含む、大充実のボリュームです。今回は、内野家に次男シンくんが誕生し、2人育児の大変さや、兄弟ならではの胸キュンなエピソードが語られます。

内野こめこさん

海沿いの田舎生まれ。長男が生後半年のころから、ほぼ毎日の記録をつづったブログ「うちのこざんまい」が絶大な人気をあつめる。好きなものはカフェオレとネコ。

ブログ:http://uchinokozanmai.blog.jp/(http://uchinokozanmai.blog.jp/)

Instagram:https://www.instagram.com/uchino_komeko/?hl=ja(https://www.instagram.com/uchino_komeko/?hl=ja)

Twitter:https://twitter.com/nokonokomeko?lang=ja(https://twitter.com/nokonokomeko?lang=ja)

■長男コウくんと次男シンくんの気になる関係性は…?

「2人になると2倍かわいい!」と言われる2人育児ですが、その反面、上の子の赤ちゃんがえりがあったり、昼夜関係なく授乳やおむつ替えに追われたり…。大変さも2倍(いやそれ以上かも!?)と聞きます。

長男のコウくんは「うちのこざんまい」の2巻でも描かれていたように、内野こめこさんの妊娠中から「自分のことは自分でやる」「泣かない、ぐずらない!」と、弟の誕生を楽しみに、とても頑張っていました。

そして、今回の「うちのこざんまい」3巻では、内野家に待望の次男シンくんが誕生! 長男コウくんとの関係はどうなるの? と、気になるところです。でも、心配は無用だったようですよ。

うちのこざんまい書籍紹介用 © Excite Japan 提供 うちのこざんまい書籍紹介用

このとおり、シンくんは、弟コウくんを溺愛! 沐浴などのお世話も積極的に、ポジティブに参加しているようです。それにしても、子どもが赤ちゃんのお世話をしている姿って、なんでこんなに微笑ましいんでしょうか? 心が温まるエピソードです。

このように、コウくんには最初のころ、赤ちゃんがえりのような言動がほとんどみられなかったそうです。

弟のことを溺愛しているお兄ちゃん! だけど…?

そんなコウくんでしたが、まだまだ4歳。やっぱり頑張りにも限界があります。そして、ある日の食事中、こんなことが起こったそうです。

うちのこざんまい書籍紹介用 © Excite Japan 提供 うちのこざんまい書籍紹介用

お友達のママからも「ママの言うことをちゃんと聞ける子」といわれるコウくんが、食器をわざと落とした…。いきなりの状況に、内野さんも、産後のサポートにきていたおばあちゃんも驚きます。

そして、一度は「もう食べなくていい」と食事を下げる内野さんですが…。

うちのこざんまい書籍紹介用 © Excite Japan 提供 うちのこざんまい書籍紹介用

いままでもそうしてきたように「行動の奥の真意」を探ろうと尽くします。

「うちのこざんまい」が全国のママたちから圧倒的に支持される理由のひとつに、こういった内野さんの考え方や子育ての悩みが、正直に、詳細に描かれているところがあるのではないかと思います。

子どもがなにを伝えようとしているのか、いまどんな状況に置かれているのかをじっくり考える内野さんの姿に、読んでいる側は、いつも胸を打たれるんですよね。

このときのコウくんの行動は赤ちゃんがえりのひとつで、その後もたびたび、内野さんを悩ませます。でも、そんな赤ちゃんがえりの行動も、心が成長していっている証。「ちょっとずつ、ちょっとずつ」と、コウくんを急かさないよう、自分に言い聞かせている内野さんが印象的です。

2人育児だからこそ! キュンとするエピソードも満載

でも基本的には、弟シンくんのことが大好きなコウくん! シンくんのほうもお兄ちゃんが大好きで、なんでも真似っこしているのだそう。

うちのこざんまい書籍紹介用 © Excite Japan 提供 うちのこざんまい書籍紹介用

この使命感にあふれた表情がたまりませんね。コウくんはなにをするにも一生懸命で、そのけなげさが「うちのこざんまい」の中でも存分に発揮されているので、ぜひ本書でご確認を!

今回の書籍では4~5歳のコウくんのようす、0~1歳のシンくんの様子がそれぞれ描かれています。その年齢ごとのかわいさや面白さがあって、「子育てって本当に奥が深いな~」とあらためて思える内容になっていますよ。

このほかにも、コウくんとシンくんの仲良しエピソードがたくさん描かれています。もともとの長男コウくんのやさしい性格もあると思いますが、コミックエッセイを通して読んでいると、内野さん夫婦の子どもたちへのフォローもよく考えられているなあと思います。

■コミックを超えた「実用育児漫画」と呼ばれる理由

例えば「お兄ちゃんだから」とがまんや責任を強いない、次男からの好意を代弁するなど…。兄と弟の関係性を保つためにはどうしたらいいのか、夫婦で話合っている様子が見て取れます。

うちのこざんまい書籍紹介用 © Excite Japan 提供 うちのこざんまい書籍紹介用

すべてのケースがこれでうまくいくというわけではないと内野さん自身も語っていますが、「うちのこざんまい」がコミックエッセイを超えた「実用育児漫画」と呼ばれる所以は、ここにあるのかもしれません。

幼稚園に入ってから環境の変化で5月病になってしまったコウくんのエピソードや、いきなり訪れたシン君の断乳エピソードなど、育児で起こりうるさまざまなシーンと、内野さんなりの対策や考えがしっかりまとめられているのです。

内野さんが次男シン君を出産した後だからこそ振り返ることのできる「過去の自分へのメッセージ」も、育児をがんばるすべての人に読んでほしいエピソードです。

■内野こめこさんからのスペシャルコメント!

最後に、内野こめこさんに『うちのこざんまい 2人育児の波に乗れ!』出版後の今のお気持ちを伺いました。

今回なんと3冊目を出すことが出来ました。いつも読んでくださり応援してくださる皆様、本当にありがとうございます! 今回はシンが生まれてからのコウの変化、コウとシンの性格の違いなどはもちろん、1冊目から見たときの私自身や家族の変化にも気付いてもらえたら嬉しいです。楽しんで読んでいただけますように!! (内野こめこ)

2人育児まっただ中の人も、これから2人育児を迎える人も、だれもが楽しく読めて子育てのヒントもたくさんもらえる1冊になっています。

『うちのこざんまい 2人育児の波に乗れ!』(https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321807000082/?ref=official)

内野こめこ著(KADOKAWA)1,188円(税込み)

うちのこざんまい書籍紹介用 © Excite Japan 提供 うちのこざんまい書籍紹介用

育児の数々のヤマ場をのりこえてきた内野こめこさんが、第2子を出産! 長男の赤ちゃんがえりや次男の頻回授乳など、激動の2人育児を垣間みることのできる一冊です。長男次男の関係性を作るために気づかっていること、心理学の先生の話を聞いて感じたことなど、描き下ろし作品も充実。大人気シリーズの第3弾です。●内野こめこさんのウーマンエキサイトの連載:『うちのこざんまい 』(https://woman.excite.co.jp/article/comic_essay/child/S1498639738191/)

ウーマンエキサイトの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon