古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

世界初! 特定保健用食品の「コカ・コーラ」--機能価値とおいしさを共に追求

マイナビニュース のロゴ マイナビニュース 2017/02/01
© マイナビニュース 提供

コカ・コーラシステムは3月27日、「コカ・コーラ プラス」(税別158円)を全国で発売する。

同商品は、「コカ・コーラ」史上世界初となる特定保健用食品で、1本(470ml)当たり「難消化性デキストリン(食物繊維)」を5g配合。同社は、「1日当たり1本を食事と一緒に飲用することで、食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにする」という。

商品発表会にて、日本コカ・コーラ代表取締役社長のティム・ブレッド氏は「日本人は、間違いなく世界でも健康に対する意識が高いと思っております。また、好きなブランドに対する味のこだわりもあると思っています。開発に時間をかけて、機能価値とコカ・コーラの持つおいしさをかけわせた『コカ・コーラ プラス』を生み出しました。われわれはこの商品を誇りを持って日本の皆さんにお届けします」とコメントした。

マイナビニュースの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon