古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

聖南さんが実践!「キュッとしたくびれ」を作るヨガポーズ【島袋聖南の美ボディヨガ♯2】

ヨガジャーナルオンライン のロゴ ヨガジャーナルオンライン 2019/04/15 03:30
© Shoko Matsuhashi

ウエストまわりを刺激する「ねじり」の動きが効果大

ウエストまわりの筋肉は、日常の動作で使う機会が少ないからこそ意識的に動かしたいもの。だから私は、仕事の合間にも時間を見つけて、体側伸ばしやツイストを習慣にしています。座ったままでもできるので、こまめに行うことが女性らしい曲線美を作る秘訣。おすすめしたいくびれに効くヨガポーズは、ウエストまわりを刺激してくびれを作るねじりのポーズ。内臓の活性化やデトックスも期待でき、巡りのいい体を作ることも美しいくボディラインへの一歩です。(聖南さん)

ねじった三角のポーズ

目的と効果:ウエストまわりの筋肉を刺激。さらに、鼠径部の圧迫&解放によりデトックスを促進。

やり方

1.両脚を開いて立ち、両手を肩の高さまで上げる。上半身を左側に倒して右手を天井、目線は指先へ。

Photo by Shoko Matsuhashi © Photo by  Shoko Matsuhashi Photo by Shoko Matsuhashi

2.上体を起こして骨盤を正面に向け、両手は腰に添える。

Photo by Shoko Matsuhashi © Photo by  Shoko Matsuhashi Photo by Shoko Matsuhashi

3.脚の付け根を引き込みながら上体を前へ倒す。右手を左脚の外側につき左手は天井、目線は指先へ。反対側も同様に行う。

Photo by Shoko Matsuhashi © Photo by  Shoko Matsuhashi Photo by Shoko Matsuhashi

効果UPのポイント 

腕が上がらないときは上に伸ばした手を腰に添えて。骨盤の位置が安定してねじりやすくなる。

ねじったハイランジのポーズ

目的と効果:ウエストまわりの筋肉を刺激。さらに、鼠径部の圧迫&解放によりデトックスを促進。

やり方

1.右膝を90度に曲げて膝下に足首をセットし、左脚は後ろに伸ばしかかとを強くけり出す。左右の骨盤を水平に保ち、肩が上がらないように注意して両手は天井へ。

Photo by Shoko Matsuhashi © Photo by  Shoko Matsuhashi Photo by Shoko Matsuhashi

2.左肘を右膝にかけて胸の前で合掌。背骨を伸ばし、おへそから脚の付け根に向かってねじる。反対側も同様に行う。

Photo by Shoko Matsuhashi © Photo by  Shoko Matsuhashi Photo by Shoko Matsuhashi

効果UPのポイント

後ろ脚に体重をしっかり乗せると体が安定し、ねじりが深まる。

教えてくれたのは…島袋聖南さん

人気番組『テラスハウス』に出演後、モデルとして雑誌やショーなどで活躍。スタイルブック『I am SEINA』(宝島社)も好評発売中。ヨガインストラクターの資格を持ち、講師としての活躍を目指して勉強中。

Photo by Shoko Matsuhashi © Photo by  Shoko Matsuhashi Photo by Shoko Matsuhashi

監修協力…高松いくさん(写真左)

5歳からの女優業、ヨガ育成講師を経て、現在フリーインストラクターとして活動中。材木座テラス「gypsea」横浜みなとみらい「資生堂」で朝ヨガ。「Jexer」亀戸、千葉新浦安「BestStyle」ではプールSupYoga。ゴールドジム前橋群馬(ソネットフィットネス)でTRX yoga、5月〜9月三浦半島三崎口横堀海岸にて海SupYoga含む「sup cruise trip tour!!」開催予定。

聖南さん着用ウェア:青のブラトップ¥6,800、青のボトムス¥11,500、紫のブラトップ¥6,800、紫のボトムス¥11,000/AMUNIE(アムニ―ジャパン)

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon