古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

なぜ?出会っても恋が始まらない!?

All About のロゴ All About 2018/12/05 21:15 島田 佳奈(恋愛ガイド)

いいなと思う人に出会っても、恋愛に進展しない。その理由はさまざまですが、自分側に原因があるのならば直すよう心がけたいもの。 © All About, Inc. いいなと思う人に出会っても、恋愛に進展しない。その理由はさまざまですが、自分側に原因があるのならば直すよう心がけたいもの。

男性は女性のここを見ている!

ほとんどの男性が女性の胸やお尻ばかり見ていると思ったら大間違い。もちろん女性ならではのセクシーなボディラインを見逃すことはないですが、こと恋愛対象として目の前の女性を意識するかどうかは、女性が気にしているポイントとはだいぶずれているようです。

では、男性は女性のどんなところをチェックして、さらなる興味を抱くのでしょうか。

■服装よりも髪と肌

もちろんオシャレな女性は好印象ですが、あまり過激なのは賛否両論。服装よりも、むしろ艶のある髪やキメの細かい肌など「女性ならではの美しさ」が際だつパーツに、男性の目はいきやすいようです。

最近は美肌の男性も増えてきましたが、やはりヒゲや体毛のないすべすべな女性特有の肌は、男性にはない魅力。思わず触れたくなるような肌は、それだけで恋が生まれやすくなるはずです。

■化粧よりも笑顔に惚れる

男性から見て、女性のメイクはそれほど重要ではないとか。マスカラのつけすぎでひじきのように太くなったまつ毛やカラーコンタクト、天ぷら食べた後みたいなリップグロス、日常生活に支障が出そうなほど伸ばして盛られた爪など、惚れるどころか冷ややかに見ている男性も少なくないようです。

その点、笑顔は万能です。素顔もメイクも抜群の笑顔にはかないません。

■スリムよりぽっちゃりがいい!?

女性にとっての理想は、どんな洋服も美しく着こなせる、ファッションモデルのようにスリムな体型。しかし男性目線は違います。

出るところは出て、ウエストがくびれている体型を好むのは、男性の本能的な思想。バストはお尻の代替品として発達したものだし、ヒップが大きいのは安産型を想像させるし、くびれたウエストは生物学的に繁殖期のサインなのですから、異性から魅力的に見えて当然なのです。

また、男性自身にはない柔らかな肉付きに女性らしさを感じるのも男性の特徴。無理なダイエットは逆に敬遠されてしまうかも。

一般的に男性は、出会って間もないうちに、その女性が恋愛対象となり得るかどうかを分類する傾向があるようです。つまり、最初に異性として意識されなかったら、いくら仲の良い友達になっても、恋愛に進展する可能性は極めて少なくなってしまうのです。

第一印象を左右するのは外見だけではありません。男性も適齢期になると、結婚も視野に入れて女性を観察するようになるので、見極めがシビアになってきます。初対面で相手のストライクゾーンまでは見抜けなくても、せめて「この人はちょっと……」と敬遠されることは避けたいもの。では、具体的にどこを気をつければいいのでしょうか。

“女性らしさ”は必須事項

頭のてっぺんからつま先まで女らしくしていても、態度がガサツでは、まるで女装した同性のように見えてしまいます。何もすべてが女らしくなければいけないわけではありません。ちょっとしたときに滲み出る女らしさこそ、男性をドキッとさせるのです。

■最低限の家事はマスターしておこう

結婚後も仕事を続けることが当然になりつつある昨今、世帯収入が多い家庭であれば家事をアウトソーシングすることも可能ですが、多くの家庭では仕事量に関係なく妻が家事を負担するのが現実です。

家族が暮らす以上、家事は必然的に発生するもの。実家暮らしだからと母親に任せっきりにするのは、大人の女性としてあまりに自立していません。

また、一人暮らしの場合「誰も見ていないから」と家事をないがしろにしがち。決して完璧にこなす必要はありませんが、快適に暮らすレベルの掃除や洗濯は、ルーティンにこなせる程度にマスターしておきましょう。将来のためというより、これは大人の女性としてのたしなみです。

■乱暴な振る舞いは謹んで

おしとやかな振る舞いもガサツな態度も、その人ならではの個性といってしまえばそれまで。普段は適当でもいいのです。だけどTPOを無視していては、幼稚と見られてもしかたがありません。

男性は社会的な生き物。他人の前でみっともない(と思われる)振る舞いを平気でするような女性は、将来の伴侶どころか彼女としても選びたくはないでしょう。「やればできる」と主張しても、出会って間もないうちは信用できないもの。相手の男性に好感を持たれたいのであれば、せめて親しくなるまで粗野な振る舞いは封印したほうが賢明でしょう。

■“恥じらい”が男心をくすぐる

日本の男性の多くは、恥じらいのある女性を「女らしい」と高く評価します。逆に、恥じらいに欠ける品のない女性は、総じて男性からは敬遠されやすいものです。

内面の好みは男性のタイプによりさまざまでも、異性だからこその「女らしさ」を求める気持ちは男性共通。女性が男性に「男らしさ」を望むのと同じです。しかし、わざとらしい照れ隠しを演出したところで賢い男性にはお見通し。自分が女性であることを意識するよう心がけていれば、次第に内面から女性らしい恥じらいも滲み出てくるはず。

むやみに肌を露出する「見せる色気」より、恥じらう表情のような「隠す色気」。大人の女性としてはぜひ身につけたいものです。

All Aboutの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon