古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

新AirPods Proは今一番おすすめイヤホン、消音性能・音質の進化に手応え

Forbes JAPAN のロゴ Forbes JAPAN 2022/09/23 10:00 山本 敦

© Forbes JAPAN 提供 Apple(アップル)からノイズキャンセリング機能を搭載する第2世代のワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」が登場した。従来製品に比べて新しいAirPods Proが進化を遂げたポイントを、実機で重点的に確かめてみた。

第2世代のAirPods Proに関連するプロフィールについては、9月上旬にアップルが開催した発表会のレポートを参照してほしい。

同じアクティブノイズキャンセリング機能を搭載するワイヤレスイヤホンの中で、AirPods Proは老舗オーディオメーカーのフラグシップ級モデルと肩を並べる出来映えだ。価格も税込3万9800円と高価なイヤホンだが、AirPods Proにはアップルのデバイスとスムーズに連携したり、本機だけが搭載するいくつかの個性的な先進機能がある。もし筆者がiPhone、iPadのユーザーに「いまおすすめのイヤホン」を聞かれたら本機を一押しにする。

ストラップを付けて紛失を未然に防ぐ

外観は充電ケースが少し変わった。Lightningコネクタの隣には新規に追加したスピーカーの音の出口がある。そして側面にはストラップホールを設けた。

過去にAirPodsを紛失した苦い経験のある方は、新しいAirPods Proを買う時にぜひためらうことなくストラップを付けたい。短いものでも、装着するとバッグやポケットの中からストラップを指で引っかけてたぐり寄せられる。

音楽リスニングの他に、オンラインミーティングでもAirPodsをよく使う方には、首から提げるストラップも使い勝手がいいと思う。

© Forbes JAPAN 提供

首からさげるタイプのストラップも使い勝手がよかった

耳にベストサイズのイヤーチップを選ぶことが大事

第2世代のAirPods Proも、iPhoneやその他アップルのデバイスとスムーズに連携する。ケースの背面にあるボタンを長押ししてからiPhoneに近づけると画面にガイダンスが表れる。ペアリングが完了すると、充電ケースの内蔵スピーカーからチャイムが鳴る。

AirPods Proはさまざまな設定がカスタマイズできる。従来は少し入り組んだ場所に配置されていたAirPodsの設定メニューが、最新のiOS 16 / iPadOS 16の場合は「設定」アプリの第1階層にある。

イヤホンを使い始める前に設定メニューに並ぶ「イヤーチップ装着状態テスト」を済ませておきたい。パッケージに同梱される4種類のイヤーチップから、耳のサイズに最適なサイズを選べばノイズキャンセリング機能の効果も最大化できるからだ。

AirPods Proの設定を見渡すとスピーカーのチャイム音の有無を決めたり、ユーザーが所有する複数アップルデバイス間でAirPodsの接続先を自動で切り換える機能のオン・オフも選べる。

© Forbes JAPAN 提供

設定アプリの第1階層にAirPods Proの詳細設定がある。イヤホンを使い始める前に必ず「イヤーチップ装着状態テスト」を済ませておきたい

感覚的には2倍以上になったノイキャンの効果

アップルは第2世代のAirPods Proのノイズキャンセリング機能が、初代モデルに比べて「約2倍」に強化されたと説明している。詳しいデータは開示していないが、実機で比べてみると効果は明らかだ。

ノイズキャンセリング機能をオンにすると、幹線道路を行き交う自動車が継続的に響かせる低いロードノイズやにぎやかなカフェのそこかしこで交わされる話し声がピタリとシャットアウトされた。地下鉄のレールがきしむ高音域の不快なノイズも、AirPods Proを装着すると聞こえなくなる。

© Forbes JAPAN 提供

大勢の人が集まるにぎやかな場所でノイズキャンセリング機能を確かめた

その効果は低音域から高音域まで均等にきめ細かくかかる。あくまで筆者が体感した上での感想だが、新旧AirPods Proの間で消音効果の差は2倍以上に到達しているかもしれない。

初代のAirPods Proは飛行機の機内ノイズが取り切れないことがあった。そのため筆者は空の旅にはもっと強力な他のノイズキャンセリングイヤホン・ヘッドホンを持参することが多かった。この次に空の旅に出る機会があれば、ぜひAirPods Proの実力を機内で試してみたい。

鮮やかでリアリティに富むサウンド

良質な静寂に包まれながら聴くサウンドは、初代モデルのバランスの良さを継承しつつ、一段と底力を増した印象がある。

第2世代のAirPods Proには、本機のため新しく開発されたパワフルなドライバーとアンプが搭載されている。ボーカルや楽器の音像がグンと前に迫り出し、音の輪郭が力強く立体的に描かれる。低い音のリズムも弾力感がとても豊かだ。そして全ての帯域の音がシームレスにつながる一体感も見事。音楽が演奏される瞬間に立ち会っているようなリアリティを味わった。

© Forbes JAPAN 提供

新規に開発したパワフルなドライバーとアンプを内蔵。明瞭でしなやかなサウンドに磨きがかかった

イヤホンに搭載するマイクで環境音を集めて、コンテンツのサウンドとミックスしながら聴ける「外部音取り込み」にモードもレベルアップしていた。初代のAirPods Proも外部の環境音がとてもクリアに聞けるイヤホンだった。第2世代の新しいAirPods Proは、そのうえ再生しているコンテンツの音がとても力強く聞こえる。環境音がオーバーラップして聞こえづらくなることがないので、屋外や賑やかな室内でのハンズフリー通話にもストレスなく新しいAirPods Proが使えた。

大きな騒音からユーザーの耳を守る「適応型環境音除去」

第2世代のAirPods Proが新しく搭載する「適応型環境音除去」も試した。外部音取り込みモードをオンにしたAirPods Proを装着している時に、大音量のノイズが飛び込んできても瞬時に低減してノイズからユーザーの耳を保護する。

快速列車が真横を通過する線路脇で機能の効果を試した。外部音取り込みモードなので、騒音はそのまま聞こえてくるのだが、大きな音量のノイズが気にならない。電車が通過する時にAirPodsを耳から外すと、かなり大きな騒音をAirPods Proが和らげてくれていることがよくわかった。

© Forbes JAPAN 提供

適応型環境音除去をオンにすると、外部音取り込みモードの使用中に大音量のノイズが飛び込んできた時にAirPods Proがノイズを自動的に低減してくれる

適応型環境音除去を使用中も、AirPods Proで再生しているサウンドの聞こえ方は一定でブレることがない。いつもサウンドを心地よいレベルに整えてくれるのだ。設定から機能のオン・オフを選べるが、イヤホンのバッテリーに大きな影響を及ぼす機能ではないので、基本は「オンのまま」使っていい機能だ。

アプリで「探せる」便利さと課題

新しいAirPods Proは、紛失したときにイヤホン本体だけでなく充電ケースも「探す」アプリケーションからリモート探索ができる。

自宅やオフィスなど、だいたい予想できる場所でイヤホンが見当たらないときには「探す」アプリを起動してAirPods Proを選択。「サウンドを再生」すると充電ケースに内蔵するスピーカーからチャイムが鳴って場所を知らせてくれる。

© Forbes JAPAN 提供

ケースに内蔵されているスピーカーから鳴るチャイムを聞きながらAirPods Proを探索できる

家やオフィスを離れて、屋外でAirPods Proを紛失してしまった場合は「探す」ネットワークが頼りになる。世界中に数億台以上が普及しているとされるアップルのデバイスが、紛失モード中のデバイスがBluetooth LEを用いて発信している信号を見つけ出すと、「探す」アプリに通知が届く。

AirPods Proを「探す」アプリで探索する仕組みと使い方は、2021年の春にアップルが発売した紛失防止トラッカー「AirTag」とほぼ変わらない。ただ、AirPodsの場合はiPhoneと違って、紛失したデバイスにロックをかけることができない。そのため、見つけた人がデバイスを使えてしまう。AirPods Proにも紛失した場合に備えて遠隔ロックをかけられる機能がほしい。

© Forbes JAPAN 提供

AirPods Proも「探す」アプリによる遠隔検索に対応しているが、不正な利用を防止するための機能などは今後も拡充されることを期待したい

AirPodsが便利に「探せる」ようになったことで、悪意を持つ人間が不要な追跡など犯罪目的にデバイスを使えないようにするルールも検討すべきときが来ていると思う。例えば手荷物の中に、自分のものではないAirPodsが入っていた場合にユーザーが取るべき対処を記したガイドラインも必要だ。これからもAirPodsはすべてのユーザーが安全に使えるワイヤレスイヤホンとして、ソフトウェアアップデートなどによる進化を遂げてほしい。

連載:デジタル・トレンド・ハンズオン

過去記事はこちら>>

Forbes Japanの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon