古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「ハード面」「ソフト面」って何のこと?【ビジネス用語】

マイナビニュース のロゴ マイナビニュース 2018/07/12 07:12 CHIGAKO

新店舗の店長に抜擢され、「ハード面で何か足りないものがあれば言ってください」と言われたけど……ハード面って何のこと? そこで今回は、ビジネスシーンで飛び交う「ハード面」「ソフト面」という言葉について解説します。

「ハード面」「ソフト面」って何のこと?【ビジネス用語】 © マイナビニュース 提供 「ハード面」「ソフト面」って何のこと?【ビジネス用語】

ハード面ってラスボスってこと?

■「ハード」「ソフト」の意味

「ハード」とは、施設や設備、機器、道具といった形ある要素のことを指す言葉です。これに対し、人材や技術、意識、情報といった無形の要素のことを「ソフト」と言います。一般的に、「ハード」という箱のなかで「ソフト」が動き(働き)ますが、何をハードとし、何をソフトと言うのかは職種や現場によって異なります。

たとえば、美容室を開店するにあたり、椅子・鏡・シャンプー台を用意するとします。それらを会話のなかで、「椅子と鏡とシャンプー台の発注は済んでる?」「椅子と鏡とシャンプー台の納期についてだけど」などと、いちいち言い連ねていては面倒でしょう。そんなときに、それらをまとめて「ハード面」と表現すると便利です。その現場に携わる人であれば、「ハード面」に該当するものが何かは察しがつきますから、スムーズに話を進めることができるのです。

■職種別ハード面・ソフト面の例

では、ハード面・ソフト面が具体的にどのようなものを指すのか。職種別に例を挙げてみましょう。

介護施設のオープン

【ハード面】

バリアフリーの建物・使いやすい部屋・滑りにくい浴室・介護浴槽・車椅子・広い介護用トイレ・介護用ベッド・移動がスムーズなスロープ・エレベーターの設置・福祉車両・広い駐車場など

【ソフト面】

介護関連資格保有者の採用・スタッフ採用・介護技術・サービス・研修・マニュアル作成・シフト管理・安全管理・衛生管理など

製造業における生産性向上

【ハード面】

新しい機械の導入・ITシステムの活用・衛生および空調設備などによる職場環境の改善など

【ソフト面】

人員配置の見直し・作業工程の見直し・労働量の管理強化(働き過ぎによる業務効率の悪化を防ぐ)・技術研修・技術者の採用など

レストラン開店

【ハード面】

店舗・椅子・テーブル・看板・調理場・調理器具・空調設備・照明・食器など

【ソフト面】

調理師・フロアスタッフ・教育・メニュー・シフト管理・衛生管理・サービスなど

企業の時間外削減

【ハード面】

IT環境の整備・AIの導入・テレビ会議やWeb会議システムの導入など

【ソフト面】

従業員の増員・人員配置の見直し・アウトソーシングの活用・意識改革・労務管理の強化・マニュアルの作成・業務割り当ての平準化・帰りやすい風土作りなど

SNSが流行を作る現代、集客を狙うのであれば、おしゃれな外観やインテリア、インスタ映えするメニューなど、ハード面を工夫するのも戦略の一つでしょう。また、立派なオフィスや設備を備えているにも関わらず業績が振るわないのであれば、従業員の再教育や業務のマニュアル化など、ソフト面を見直してみるといいかもしれませんね。

どんな職場にもハードとソフトの両面が存在します。新しいことを始めるときには、その両面をしっかりと準備することが必要とされますが、何かを改善したり問題を解決したりする場合には、真に必要なことを見極めることが重要です。とくに、ハード面の強化にはそれなりの資金を投入する必要があるので、無駄のない最善の策を講じるよう努めましょう。

「ビジネス用語」記事一覧 まとめはこちら

マイナビニュースの関連リンク

マイナビニュース
マイナビニュース
image beaconimage beaconimage beacon