古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

シャープ、東広島市で「RoBoHoN」活用した観光案内サービス

マイナビニュース のロゴ マイナビニュース 2018/11/07 11:27 マイナビニュース

東広島市とシャープは11月6日、東広島市観光案内所(JR西条駅2階)において、シャープのモバイル型コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した観光案内サービスを開始すると発表した。

© マイナビニュース

シャープのモバイル型コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」

今回の取り組みは、東広島市が実施するIoT活用による産業振興施策において、コミュニケーションロボットを観光振興施策に活かそうと試みるもの。

「ロボホン」は外国人観光客に向けて、東広島市の観光地や特産品について音声で案内する。日本語、英語、中国語(簡体)に対応し、話しかけられた挨拶に合わせて言語が自動で切り替わりる。

「ロボホン」にはタブレット端末が接続されているので、写真や動画を用いて説明ができるほか、ダンスや歌、会話も楽しめる。

マイナビニュースの関連リンク

マイナビニュース
マイナビニュース
image beaconimage beaconimage beacon