古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

スズキ、SUV「エスクード」仕様変更 デザイン刷新、ACCなど標準搭載

ITmedia ビジネスONLiNE のロゴ ITmedia ビジネスONLiNE 2018/12/03 16:10
一部仕様を変更した「エスクード」(=ニュースリリースより) © ITmedia ビジネスオンライン 一部仕様を変更した「エスクード」(=ニュースリリースより)

 スズキは、コンパクトSUV(スポーツタイプ多目的車)「エスクード」を一部仕様変更し、12月21日に発売する。内外装を上質なデザインに刷新し、予防安全性能も高めた。価格(税込)は265万8960円。

 エクステリアはメッキフロントグリル、フロント・リヤバンパー、アルミホイール、リヤコンビネーションランプのデザインを変更し、力強い印象に仕上げた。

 インテリアはシート表皮を本革・スエード調に刷新。インパネガーニッシュやセンタークロックの意匠も変更したほか、カラー液晶パネルによるマルチインフォメーションディスプレイなども搭載し、機能性を高めた。

 予防安全性能を向上するため、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)を採用。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」、隣接車線の後方から接近した車両を検知するブラインドスポットモニター、後方左右から接近した車両を検知する「リヤクロストラフィックアラート」も標準装備した。

 国内での年間販売目標は1200台。

ITmedia ビジネスオンラインの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon