古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

スタートアップの資金調達に有利な米国の都市圏トップ10

Forbes JAPAN のロゴ Forbes JAPAN 2018/10/03 07:00 Kurt Badenhausen

© atomixmedia,inc 提供 米国のベンチャーキャピタル(VC)の投資先は、主にカリフォルニアとニューヨーク、マサチューセッツに拠点を置く企業に集中している(特にシリコンバレー、ニューヨーク、ボストン)。

全米ベンチャーキャピタル協会によれば、投資総額に占めるこれらの地域への投資額の割合は、昨年は76%だった。2012年の72%、10年前の64%からさらに増加している。

一方、アップル、グーグル、フェイスブックといったシリコンバレーの企業が生み出した富は、同地域のさまざまなものを値上がりさせてきた。

ムーディーズ・アナリティックスによれば、サンフランシスコの住宅価格の中央値は110万ドル(1億2530万ドル)。シリコンバレーの中心地であるサンノゼでは同140万ドルだ。ビジネスコストはミズーリ州セントルイスより57%、ジョージア州アトランタより54%高い。

こうしたことから、投資家の中には別の地域に目を向ける人たちもいる。その1人が、インターネットサービス大手、アメリカ・オンライン(AOL)の共同創業者であり、投資会社レボリューションの共同創業者でもある富豪のスティーブ・ケースだ。

ケースは昨年、十分な資金調達が難しい地域のスタートアップを支援するため、「ライズ・オブ・ザ・レスト・シード・ファンド(ROTR Seed Fund)」を立ち上げた。このファンドに出資するのは、米国で最も大きな成功を収めた富豪たちだ(ジェフ・ベゾス、サラ・ブレイクリー、ダン・ギルバート、ヘンリー・クラヴィス、エリック・シュミット、ハワード・シュルツ、メグ・ホイットマンなど)。

ケースはこのファンドについて、「目的は公平な機会を提供し、全ての場所にいる全てのアイデアを持つ人が起業し、アメリカンドリームを実現できるようにすることだ」と語る。

シリコンバレーには資本が集中しすぎ、企業の評価額も高くなりすぎている可能性がある一方、セントルイスやコロンバスには、投資資金が不足しているという。

フォーブスはこのほど、レボリューションと共同で、向こう10年間にスタートアップの資金調達が活発になると見込まれる米国内の10都市圏を特定した。

調査会社のピッチブックとムーディーズ・アナリティックス、カウフマン・ファンデーションから得た情報に基づき、以下をはじめとする項目について30の大都市圏を比較した。

─事業・生活の双方におけるコストに関する13の基準、教育水準、所在する大学、起業件数、労働年齢人口の増加率、VCによる投資(件数、金額とその増減率)など

また、調査においては過去3年間にVCから最も多額の資金を調達した以下の10の都市圏を対象外とした。

─サンフランシスコ、ニューヨーク、ボストン、サンノゼ、ロサンゼルス、サンディエゴ、シアトル、シカゴ、ワシントンD.C.、オースティン

調査の結果、スタートアップへの投資額の増加が見込める10都市圏は、以下のとおりとなった(数値は左から、過去3年間の投資額、ビジネスコストの全米平均との差、生活費の全米平均との差)。

1. コロンバス(オハイオ州):3億7100万ドル、-2%、-6%

2. セントルイス(ミズーリ州):6億7100万ドル、-8%、-6%

3. アトランタ(ジョージア州):29億ドル、-7%、+2%

4.  デンバー(コロラド州):23億ドル、+4%、+13%

5. ボルティモア(メリーランド州):10億ドル、+11%、+6%

6.  シンシナティ(オハイオ州):3億5800万ドル、-7%、-9%

7. ポートランド(オレゴン州):9億5100万ドル、±0、+13%

8. フィラデルフィア(ペンシルベニア州):26億ドル、+2%、-4%

9. ミネアポリス(ミネソタ州):17億ドル、+2%、+2%

10. シャーロット(ノースカロライナ州):8億8100万ドル、-12%、-2%

Forbes Japanの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon