古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ティラーソン氏「TPP反対せず」=トランプ氏と食い違い

時事通信 のロゴ時事通信 2017/01/12

 【ワシントン時事】トランプ次期米大統領が国務長官に指名したレックス・ティラーソン氏は11日、上院の公聴会で、「環太平洋連携協定(TPP)に反対しない」と述べた。20日の大統領就任初日にTPPから離脱する意向を示すトランプ氏とは異なる見解を表明した。

 ただ、ティラーソン氏は、TPPが米国のすべての利益にかなうか分からないとの見方も示した。

 ティラーソン氏はまた、「気候変動のリスクは存在しており、行動を起こす必要があるほど深刻だ」と指摘。地球温暖化対策に否定的なトランプ氏との食い違いを見せた。トランプ氏は選挙戦で、温暖化対策の新枠組み「パリ協定」脱退を公言していた。 

image beaconimage beaconimage beacon