古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トヨタ、新型「アクア」発売 SUVらしさ強調の新グレード「Crossover」設定

ITmedia ビジネスONLiNE のロゴ ITmedia ビジネスONLiNE 4日前 アイティメディア株式会社
© ITmedia ビジネスオンライン 提供

 トヨタ自動車は6月19日、コンパクトハイブリッドカー「アクア」をマイナーチェンジし、発売した。外観デザインを一新したほか、クロスオーバースタイルをより強調した新グレード「Crossover」を設定した。178万5240円(税込)から。

 外観では、フロントでヘッドランプやフード、フェンダー、バンパーなどを変更し、洗練されたイメージに。リアはコンビネーションランプ内のデザインを変更したほか、リフレクターをバンパー下部に設置することで安定感のあるスタイルにしたという。

 ボディ剛性を強化した上、タイヤサイズを従来の175/65R15から185/60R15に大きくし、操縦安定性と乗り心地を向上させた。

 インテリアでは、センターメーターに液晶パネルによるマルチインフォメーションディスプレイを標準装備。一部にホワイトソフトレザー(合成皮革)によるシートを設定した。

 新たに設定する「Crossover」は、従来の「X-URBAN」を見直し、よりクロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)のテイストを強調。グリルやルーフモール、専用アルミホイール、フェンダーアーチモールなどを専用デザインとし、アクティブなイメージに。走行面でも、専用チューニングによりSUVらしい操舵感としながら、乗り心地も向上させているという。価格は206万2800円(税込)。

 エンジンの改良やハイブリッドシステムの制御を改善。「L」グレードではクラストップという燃費38.0キロ/リットル(JC08モード)を達成し、「S」「G」「Crossover」も34.4キロ/リットルとしている。

 トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店で販売。月販目標は1万台。

ITmedia ビジネスオンラインの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon