古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

モンハン大ヒットで最高益のカプコン、スマホ育ちの世代を獲得

ダイヤモンド・オンライン のロゴ ダイヤモンド・オンライン 2018/07/13 06:00 週刊ダイヤモンド編集部
モンハン大ヒットで最高益のカプコン、スマホ育ちの世代を獲得 © diamond モンハン大ヒットで最高益のカプコン、スマホ育ちの世代を獲得

今年1月に発売した新作「モンスターハンター:ワールド」が好調で25期ぶりに営業最高益を更新したカプコンの辻本春弘社長に、ヒットへの仕掛けづくりと今後の課題を聞いた。

──2018年3月期の営業利益は前年同期比17.5%増の160億円となり、25年ぶりに過去最高益を更新しました。

 1月に発売した新作のゲームソフト「モンスターハンター(モンハン):ワールド」が3月までで790万本の販売を達成し、期待以上の成果を収めたことが主な要因です。

 これまでのモンハンはPSP(プレイステーション・ポータブル)やニンテンドー3DSといった携帯型ゲーム機で遊ぶゲームでしたが、新作はPS(プレイステーション)4向けで、画像が鮮明で迫力があります。これまでと異なり、売上高の6割が海外です。

──モンハン:ワールドの発売により、PS4の売り上げも伸びました。スマートフォンゲームに押されていたゲーム専用機にユーザーが戻ってきたということでしょうか。

 購入者の属性を見ると、15歳から20歳の層が実に多いのです。しかも、約半分がダウンロードで購入しています。自分のお小遣いで「本格的なゲームで遊んでみよう」と、PS4とモンハン:ワールドを買ってくれたのではないか。つまり、ゲーム専用機に戻ってきたのではなく、新規ユーザーが増えたということだと思いますね。

──10代後半のユーザーをどのように獲得したのですか。

 iPhoneが世に出て11年たちますが、彼らは物心がついたときからスマホで育ち、ゲームも音楽も動画もスマホやタブレットで楽しむのが当たり前、ゲームのダウンロードにも抵抗がないのです。そういう層を取り込むべく、インターネットでのプロモーションに力を入れてきました。

──ゲームソフトの販売を伸ばすには何が必要でしょうか。

 モンハン:ワールドでは3度の体験版を出しましたが、それにより、どんな属性のユーザーが遊んでいるのか、何を面白いと思っているのか、何に不満なのかなど、ユーザーの声を吸い上げ分析することが可能になりました。専門部隊を立ち上げ、ヒットの確率を上げていきたいと考えています。

──人手不足がどの業界でも問題になっています。

 新卒をきちんと育てていくことが重要です。彼らはカプコンのゲームで遊び、それに憧れて入ってきたわけですから。12年度から有給休暇取得推進運動を進めており、ゴールデンウイークも9連休です。生産性を上げて余暇をつくり、社員がゲームや他のエンターテインメントに触れるようにしていかないと、新しいゲームも生まれないでしょう。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 大坪稚子)

ダイヤモンド・オンラインの関連リンク

ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド・オンライン
image beaconimage beaconimage beacon