古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ローソン、モバイルバッテリーを貸し出し 都内で展開 1時間100円

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2018/10/02 18:45
© ITmedia NEWS

 ローソンは10月2日、都内6店舗で、持ち運び可能なモバイルバッテリーのシェアリングサービスを始めた。充電器の貸し出し・返却の窓口になる自動販売機型の筐体「ChargeSPOT Stand」(ベンチャー企業のINFORICHが開発)を設置する。利用料金は1時間100円、48時間200円(税別)。

 充電器は、3種類の端子・コード(Micro USB、USB Type-C、Lightningケーブル)を内蔵。バッテリー容量は4500mAh、最大出力5V/2Aに対応する。

 利用手順は、まずスマートフォンアプリ「ChargeSPOT」(iOS/Android)をダウンロード。アプリ内のQRコードスキャナーで筐体に表示されたQRコードを読み取ると、充電器を借りられる。使用後は、筐体が設置されている場所であれば、どこでも返却できる(2日時点、都内60カ所以上)。

 ローソンの店舗では、まず渋谷道玄坂上店、渋谷桜丘町南店、恵比寿プライムスクエア店、代々木西参道店、東新宿明治通店、都営東新宿駅前店に導入する。2019年2月末までに100店舗でシェアリングサービスを展開する予定だ。

 ChargeSPOTは、17年に香港でサービスを始め、すでに500カ所以上に導入。18年4月に日本に上陸した。18年内には国内7000カ所に筐体を設置する計画だ。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon