古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

一般家庭の光熱費を電力会社とガス会社が奪い合い、ガス劣勢か

ダイヤモンド・オンライン のロゴ ダイヤモンド・オンライン 2017/01/11 週刊ダイヤモンド編集部
一般家庭の光熱費を電力会社とガス会社が奪い合い、ガス劣勢か: 迎え撃つ東京ガスの広瀬道明社長(上)と、タッグを組んで攻め入る東電EPの小早川智明社長(下右)と日本瓦斯の和田眞治社長 Photo by Yasuo Katatae © diamond 迎え撃つ東京ガスの広瀬道明社長(上)と、タッグを組んで攻め入る東電EPの小早川智明社長(下右)と日本瓦斯の和田眞治社長 Photo by Yasuo Katatae

 4月の家庭向け都市ガス市場完全自由化で本格化する、“光熱費”争奪戦の火ぶたが切られた。

 家庭で消費されるガスのうち、規制が残っている都市部でガス導管によって供給される家庭向け都市ガス市場が4月以降自由化される。そこで勃発するのが、“光熱費”争奪戦ともいえる、家庭向けエネルギー市場の奪い合いだ。

 すでに昨年4月に自由化された、約7.5兆円の家庭向け電力市場に、都市ガス市場の約2.4兆円が加わり、約10兆円の“光熱費”市場をめぐって、東京ガスや大阪ガスなどの都市ガス会社と、電力会社が正面衝突することになる。

 鞘当てはすでに始まっている。仕事納め直前の16年12月26日、新規参入する東京電力ホールディングス傘下の東京電力エナジーパートナー(東電EP)は提携先のLPガス大手の日本瓦斯と、また東京ガスは単独で記者会見を開き、4月へ向けた意気込みを発表したのだ。東電EPは7月、日本瓦斯は4月から、東京ガスの供給エリアへ攻め入ると宣言。迎え撃つ東京ガスの広瀬道明社長は「東電・日本瓦斯連合は最大、最強の相手」と敵を持ち上げつつ、都市ガス供給130年間の実績を強調し、シェア維持へ向けた決意を示した。

 翌日には関西電力がLPガス大手の岩谷産業と組み、大阪ガスの現在の料金よりも年間最大で約8%、約5800円安い料金メニューを発表。今月4日から申し込み受け付けを開始している。

避けられない価格競争

 “光熱費”争奪戦で勝負を分けるのは、やはり価格になりそうだ。供給するガス自体の品質で差別化を図ることはできないためだ。

「できるだけ安い価格で提供する」(小早川智明・東電EP社長)、「(東京ガスの現在の料金よりも)10%は安くするつもり」(和田眞治・日本瓦斯社長)と攻め手からは挑戦的なコメントが相次ぐ。

 それに対して「ガスは機器の保安などサービスがものをいう。電力と違い単純な価格競争にはならない」と東京ガス幹部は強がるが、関電の戦略を見ても価格競争は避けられそうにない。

 事業者にとっては、価格競争力が生き残りの鍵となる。ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)の輸入量を電力会社とガス会社で比較すると、電力会社の方が多いことがほとんどだ。スケールメリットを生かして安く仕入れられる調達力があり、それをガス料金の低廉化へつなげられる。

 そんな電力会社とガス会社の“地力の差”を認識して、大手都市ガス会社からは「電力会社とまともに戦ったらつぶされる」という声も漏れる。

 広瀬東京ガス社長は、LNGはいずれ国内2~3陣営で共同調達することになるという見方を示しており、“光熱費”争奪戦は大規模な業界再編の引き金にもなりそうだ。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 片田江康男)

ダイヤモンド・オンラインの関連リンク

ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド・オンライン
image beaconimage beaconimage beacon