古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

即位特需? 「ローブデコルテ」挙式が人気 上賀茂神社

朝日新聞デジタル のロゴ 朝日新聞デジタル 2019/10/20 21:09 朝日新聞社
挙式で着用予定のドレスを試着する棚橋優さん(中央)と、延原潤さん=京都市北区、佐藤慈子撮影 © 朝日新聞社 挙式で着用予定のドレスを試着する棚橋優さん(中央)と、延原潤さん=京都市北区、佐藤慈子撮影

 京都市北区の上賀茂神社が、同神社で挙げる結婚式の新婦にドレス「ローブデコルテ」を貸し出している。女性皇族が重要な儀式のときに着用する正礼装で、天皇陛下の即位関連行事が始まった5月以降、人気が高まっている。

 ローブデコルテは襟ぐりが大きくあいたロングドレスのこと。5月の天皇即位後の行事で、皇后雅子さまをはじめとする女性皇族のローブデコルテ姿が頻繁に報じられてから、問い合わせが急増。昨年は3月末の貸し出し開始から25人が着用したが、今年はすでに約70件の申し込みがあるという。

 19日に挙式の打ち合わせに訪れた大阪府豊中市の棚橋優さん(28)は「ローブデコルテはとても上品ですてき。あこがれていたので、着られてうれしい。来月の(即位に伴う祝賀)パレードも衣装に注目したい」。結婚相手の延原潤さん(36)も「一生の思い出になる」と笑顔で話した。

朝日新聞デジタルの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon