古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

台湾高速鉄道、首相が延長を表明 「競争力アップ」と強調

共同通信 のロゴ 共同通信 2019/09/11 15:39 共同通信社
台湾高速鉄道の車両=8月、台湾・左営駅(共同) © KYODONEWS 台湾高速鉄道の車両=8月、台湾・左営駅(共同)

 【台北共同】台湾の蘇貞昌行政院長(首相)は11日までに台湾高速鉄道(台湾新幹線)を南部左営(高雄)からさらに南部の屏東まで延長すると表明し、交通網充実で「台湾の競争力をアップさせる」と強調した。2031年の完成を目指す。

 一部メディアは、与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文総統が再選を目指す来年1月の総統選対策だと批判していた。蘇氏は延長が「屏東だけでなく、台湾全体の発展に寄与する」と述べ、南北地域格差を解消させる狙いだと主張した。

 ルート候補は4案検討されている。林佳竜交通部長(交通相)は今月末までにルート候補案の2次審議を行うとした。

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon