古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

営業職が「できればやりたくない」と思う業務、1位は?

マイナビニュース のロゴ マイナビニュース 2018/03/14 15:29 御木本千春
© マイナビニュース 提供

ネットプロテクションズは3月14日、決済業務に関する実態調査の結果を発表した。調査期間は2017年10月6~7日、調査対象は全国の営業または経営関連職種に就く20~59歳の個人、有効回答は515人。
○決済関連が上位にランクイン

できればやりたくないと思う業務を尋ねたところ、1位「督促・回収」、2位「貸倒処理(倒産処理&事後対応)」、3位「顧客との支払い条件の調整」との順に。また6位に「与信」、10位に「経理担当とのコミュニケーション」が入るなど、決済に紐付く業務がワースト10のうち5つを占めた。

会社での決済業務において、現在、外注している業務は何か聞くと、決済業務に当たる項目(与信、請求、回収、貸倒処理)を一つでも選んだ人は82.8%。このうち、全てを選択した人は4.7%にとどまり、78.1%は一部の決済業務のみアウトソースしていた。

会社で行うことのある業務において、自分で集中して取り組みたくない業務を問うと、決済に紐付く業務に当たる項目を一つでも選択した人は93.8%に上った。

決済に紐付く業務に携わる人の中で、支払督促や回収業務を行った経験がある人は約82%。決済に紐付く業務にかかる時間は1日約40分、年間に換算すると20営業日分となった。

同社は今回の調査結果について「『働き方改革』への関心が高まっていることもあり、決済業務をアウトソースして生産性を上げることは一般化しているものの、一部のみのアウトソースでは抜本的な改革には至らないという現状が見て取れる」と分析している。

マイナビニュースの関連リンク

マイナビニュース
マイナビニュース
image beaconimage beaconimage beacon