古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

日本電産、向日町駅東に新拠点建設 2000億円投資、グループ企業を集約

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2019/01/09 11:12 毎日新聞
日本電産グループの新拠点の完成イメージ図。左奥が日本電産本社で、手前が第二本社、その奥に左からA棟、B棟、C棟が建つ予定だ=日本電産提供 © 毎日新聞 日本電産グループの新拠点の完成イメージ図。左奥が日本電産本社で、手前が第二本社、その奥に左からA棟、B棟、C棟が建つ予定だ=日本電産提供

 電子部品大手の日本電産は8日、京都市南区の本社に近接する向日市森本町に、第2本社やグループ企業の本社、技術開発センターが集積する同社グループの新拠点を建設すると発表した。投資予定額は約2000億円。段階的に建設を進め、2030年までの完成を目指す。本社と新拠点を一カ所に集約し、グループ企業間の連携をより高める狙いがある。

 新拠点はJR向日町駅(向日市)の東側で、本社からは西側に位置し、約6万平方メートルに及ぶ敷地に、15階建ての事務所棟(第2本社)の他、3棟の生産研究棟(A棟6階建て、B棟8階建て、C棟9階建て)の建設を予定している。

 これらの建物には、日本電産の機能の一部や傘下の日本電産シンポ(長岡京市)の研究開発拠点、日本電産リード(京都市右京区)の本社移転が予定され、最終的には日本電産本社と合わせて5000人体制となる見込みという。【飼手勇介】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon