古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

東芝、決算発表を再延期 米原発事業の「圧力」追加調査

ITmedia ビジネスONLiNE のロゴ ITmedia ビジネスONLiNE 2017/03/14 アイティメディア株式会社
© ITmedia ビジネスオンライン 提供

 東芝は3月14日、同日に予定していた2016年4〜12月期の決算発表を再延期すると発表した。同日付で関東財務局に決算報告の期限延長を申請しており、承認された場合は17年4月11日が開示期限となる。

 本来の開示期限は2月14日。巨額の損失を計上した米原発事業において、原子力サービス会社の米CB&Iストーン&ウェブスターを米子会社のウエスチングハウスが買収した際、取得価格配分手続きの過程に一部経営者からの「不適切なプレッシャー」があった可能性を示唆する内部通報があり、東芝は調査を進めるために決算発表を1カ月延期していた。

 同社監査委員会はその後、外部弁護士を起用して調査を進め、「不適切なプレッシャー」の存在を認定。さらに、メールの記録や証言を精査した結果、プレッシャーの会計への影響の有無について、調査対象の16年10〜12月期以外にも範囲を広げた追加調査が必要と判断したという。追加調査の完了と監査法人のレビューに4週間程度かかるため、3月14日の決算発表が困難になったとしている。

 ただ、現時点では、財務諸表を修正するべき必要な重要な事項は認識していないという。

ITmedia ビジネスオンラインの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon