古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米アンダーアーマー株急騰、一時20%高-海外の好調が北米の不振補う

Bloomberg のロゴBloomberg 2018/02/14 07:41
a screenshot of a cell phone: Global Gains © Bloomberg Global Gains

(Bloomberg) -- 米スポーツ用品メーカー、アンダーアーマー株が13日の米株式市場で急騰した。力強い海外での成長が北米の鈍さを補うことで、深刻な低迷から回復できるとの見方が再び強まった。

  同社の2017年10-12月(第4四半期)の売上高は、北米以外の売上高が47%増えたことに後押しされ、予想を上回った。同社株は一時約20%上昇と、約2年ぶりの大幅高となった。

***ImagePlaceholder***https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iVyROQM0xIsE/v1/pi0TFsqn_N8siPbzgcJYQlLw/1366x768.png

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、チェン・グラズティス氏は「アンダーアーマーは、市場情勢に対応し提供する製品を再編成する上で正しい歩みを進めている。同業他社に比べ海外進出という点では依然として大きく遅れている。従って、十分チャンスが残る」と分析した。

  アンダーアーマーはこの日の発表文で、18年は17年並みとの予想を示した。通期売上高は17年の50億ドル(約5400億円)から1桁台前半の伸びを見込む。北米の売上高は1桁台半ばの落ち込みが予想されるものの、海外部門は25%以上の伸びが期待できるとしている。

  昨年第4四半期の売上高は13億7000万ドルと、アナリスト予想平均の13億1000万ドルを上回った。一部の項目を除く調整後1株当たり損益は収支とんとん。アナリストは1セント未満の利益を見込んでいた。地域別の売上高は、全体の約4分の3を占める北米が4.5%減。前四半期の12%減からは落ち込み幅が縮小した。アジア・太平洋地域は56%増、欧州・中東・アフリカ地域では46%増、中南米地域が36%増だった。

  同社は今年、さらなるコスト削減と再編を発表し、引き続き経費節減を図る計画。第4四半期の粗利益率は低下したが、アナリスト予想は上回った。同社では、今年は上昇を見込んでいる。

原題:Under Armour Rallies as Global Push Helps Ease Slump at Home (2)(抜粋)

--取材協力: Brandon Kochkodin 、 Karishma Motwani

: 東京 小針章子 akobari@bloomberg.net.

翻訳記事に関するエディターへの問い合わせ先 松田英明 hmatsuda18@bloomberg.net.

記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク Matt Townsend mtownsend9@bloomberg.net.

記事についてのエディターへの問い合わせ先: Nick Turner nturner7@bloomberg.net, Lisa Wolfson、 Jonathan Roeder

©2018 Bloomberg L.P.

image beaconimage beaconimage beacon