古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米国務省、インドへのアパッチ6機売却を承認 1030億円

AFPBB News のロゴ AFPBB News 2018/06/13 18:07

【AFP=時事】米国務省は12日、インド軍に攻撃ヘリAH64E「アパッチ(Apache)」6機を9億3000万ドル(約1030億円)で売却することを承認したと明らかにした。

 アパッチ売却案は連邦議会へ送られ、議員の反対がなければ売却契約が進められる見通し。

米国務省、インドへのアパッチ6機売却を承認 1030億円: 攻撃ヘリAH64E「アパッチ」(2018年4月7日入手)。 © AFP PHOTO / DVIDS/HANDOUT 攻撃ヘリAH64E「アパッチ」(2018年4月7日入手)。

 すでに米航空宇宙機器大手ボーイング(Boeing)と提携先の印タタ・グループ(Tata Group)がインド国内でアパッチの機体製造に着手しているが、今回の承認は米国からの完成品の直接売却に関するものだという。

 アパッチ製造の主要請負業者は防衛・航空大手ロッキード・マーチン(Lockheed Martin)、複合企業ゼネラル・エレクトリック(General Electric、GE)、軍需大手レイセオン(Raytheon)。

 また今回の契約にはアパッチのほか、夜間センサーやGPS(衛星利用測位システム)ガイダンス、空対地ミサイル「ヘルファイア(Hellfire)」および空対空ミサイル「スティンガー(Stinger)」数百発などが含まれている。

 米国防安全保障協力局(DSCA)は声明で「今回のAH64Eに関する支援は地上部隊の脅威に対するインドの防衛力を増強し、同軍の最新化を図るもの」と強調。また「インドはアパッチやその他の支援装備を無理なく受け入れられるだろう。この売却によって地域における基本的な軍事バランスが変わることはない」としている。

【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB Newsの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon