古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

軽減税率でおまけ付き食品混乱 マックのハッピーセットやプロ野球チップスは?

マネーポストWEB のロゴ マネーポストWEB 2019/09/01 07:00
マクドナルドのハッピーセットのおもちゃの扱いは?(イメージ) © SHOGAKUKAN Inc. 提供 マクドナルドのハッピーセットのおもちゃの扱いは?(イメージ)

 10月1日、消費税が10%に引き上げられるが、今回、初めて導入される「軽減税率」は、生活に欠かせない食品などを中心に税率を8%に据え置く。対象は「飲食料品」と「週2回以上発行の新聞」だが、その線引きは複雑だ。たとえば同じ飲食料品でも、税率は「外食(10%)」と「持ち帰り(8%)」で区別されている。以下、具体的にQ&Aで見ていこう。

Q:外食時に食べ残しをお土産にしてもらうと?

 この場合に軽減税率は適用されない。国税庁の指針をまとめたQ&A集によると、税率は「飲食料品の提供を行なった時点において判定」されるため、“食べ残し”も税率10%。

Q:食べ物の「おまけ」が高価だと?

 国税庁の指針では、おまけ付きの食品は、「【1】税抜き価格が1万円以下」「【2】食品部分の価格が全体の3分の2以上」の条件を満たせば軽減税率が適用される。

 子供向けのおまけの付いた「ハッピーセット」を販売する日本マクドナルドは戸惑いを隠せない。

「我々としてはハッピーセットのおもちゃは『0円』の扱い。テイクアウト時は税率8%を用いますが、国税庁がどう判断するかはまた別の問題です」(広報)

 野球選手のカードが付いた「プロ野球チップス」(カルビー)は税率10%だが、シールの付いた「ビックリマンチョコ」(ロッテ)は軽減税率8%とみられ、駄菓子屋も大混乱?

※週刊ポスト2019年9月6日号

マネーポストWEBの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon