古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

退職のきっかけ、1位は「給与」

マイナビニュース のロゴ マイナビニュース 2018/04/13 10:21 御木本千春
© マイナビニュース 提供

エン・ジャパンは4月12日、「退職のきっかけ」に関する調査結果を発表した。調査期間は2018年2月26日~3月27日、調査対象は「エン転職」利用者、有効回答は8,668人。
○退職のきっかけ、1位「給与」

退職を考え始めたきっかけを尋ねると、1位「給与が低かった」(39%)、2位「やりがい・達成感を感じない」(36%)、3位「企業の将来性に疑問を感じた」(35%)、4位「人間関係が悪かった」(27%)、5位「残業・休日出勤など拘束時間が長かった」(26%)となった。

年代別にみると、25歳以下は「やりたい仕事ではなかった」(26%)の割合が他の世代と比べて突出して高かった。回答者からは「学生時代はアプリケーション開発の勉強をしてきました。会社説明会では、その仕事ができるようにすると言ってもらえていたが、実際は組み込み系の仕事をすることになった。ミスマッチと会社に疑念が生まれました」(23歳男性)といった声が寄せられた。

退職理由を伝える上で、不安な点・気になる点を聞くと、1位「次の職場が見つかるかどうか」(58%)、2位「次の職場でうまくいくかどうか」(43%)、3位「退職をいつ伝えるか」(39%)、4位「退職理由をどのように伝えるか」(36%)、5位「手続きなどがスムーズにいくかどうか」(25%)となった。

年代別では、25歳以下は「退職をいつ伝えるか」(50%)、「退職理由をどのように伝えるか」(48%)など退職方法に関する項目が高い傾向に。男女別では、男性より女性の方が転職への不安感が強いことがわかった。

マイナビニュースの関連リンク

マイナビニュース
マイナビニュース
image beaconimage beaconimage beacon