古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「2代目プリウスPHV」、大刷新に込めた野望 トヨタがHVの次を見据えて本気モードに

東洋経済オンライン のロゴ 東洋経済オンライン 5日前 冨岡 耕
© 東洋経済オンライン  

 捲土重来を期すことはできるか――。

 トヨタ自動車は2月15日、EV(電気自動車)走行距離を初代より大きく伸ばした新型プラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」の発売を同日始めたと発表した。「プリウス」を中心に世界を席巻したハイブリッド車(HV)に続き、プリウスPHVは次のエコカー覇権争いを見据えた試金石となる。2012年に発売した初代プリウスPHVは不発だったが、今回は失敗が許されない戦いとなりそうだ。

 記者会見は力が入っていた。燃料電池車(FCV)「MIRAI」を発表した「日本科学未来館」(東京都江東区)を会場に選び、1997年に発売した初代プリウスのチーフエンジニアを務めた”ミスターHV“の内山田竹志会長が登壇。「直接思いを伝えたくてここに来た。全世界でトヨタのハイブリッド車の累計販売はこの20年で1000万台を超えた。環境、エネルギー問題に取り組む中で、すべての始まりは初代プリウスだった。その後すべてのラインアップに入れて普及に努めた」と回顧した。また「ハイブリッドの次を担うエコカーの本命はPHVだ。プリウスPHVはお客様の期待を超える別次元の進化をした。自信作だ」と断言した。

2012年発売の初代プリウスPHVは不発

 プリウスPHVは家庭などの外部電源から充電でき、日常生活ではEVとして走行可能なことが特徴だ。充電した電池が切れても、ハイブリッド車としてエンジンとモーターを併用して長距離走行ができ、1リットル当たり37.2キロの低燃費を実現した。また、量産車として世界で初めて、ソーラーパネルを車両ルーフに搭載。太陽光を利用して屋外で駐車している間に充電もできる。価格は326万円からだ。

 トヨタは2012年にプリウスPHVの初代を発売したが、これまでの販売台数は日本で約2万2000台。年間3万5000台~4万台の目標に遠く及ばなかった。欧米も含めたグローバルでも約7万5000台にとどまっている。HVとPHVの外観がほぼ同じであったほか、モーターのみで走行するEV走行距離もわずか26.4キロと短かった。一方で価格差は大きく、購買動機が見いだせないという声が多かったためだ。

 そこで今回は通常のプリウスとの差異化を強く意識した。外観はフロントマスクが燃料電池車MIRAIのような4連LEDランプに一新したほか、リアもダブルバブルウインドウと呼ぶ2つの膨らみを持った独特なデザインのバックドアガラスを採用して、違いを強調した。

 見た目だけでなく、機能面も高めた。リチウムイオン電池の総電力量を従来に比べて2倍の8.8キロワット時に増強。EV走行距離は初代の2.5倍となる68.2キロに伸ばした。従来は回線工事が必要だった家庭充電も見直し、一般のコンセントから充電できるようにした。

販売目標台数は初代の5倍以上

 さらに従来は2つあるモーターのうち、駆動用に1つしか使っていなかったが、新型車は両方のモーターを駆動用に使えるようにし、EV走行での最高時速を100キロから135キロに上げたことも特徴だ。電池容量を増やせば車重が重く燃費も悪くなるが、バックドアに初めて炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を採用。鉄より丈夫でアルミより軽い素材で軽量化に努めた。

 新型プリウスPHVの国内での月間販売目標は2500台。国内販売担当の村上秀一常務役員は「初代プリウスPHVの5倍強の台数拡大を目指している。事前受注は8000台ある」と意気込む。「普及してこその環境だ」との思いがあり、外観や機能性が大幅に向上したものの、初代と同程度の最低価格で300万円水準に抑えた形だ。ただそれでも最低価格は通常のプリウスより約80万円高い。価格差に見合った価値を伝えようと、人気女優の石原さとみさんをテレビCMに採用するなど宣伝活動にも力を入れる。

 トヨタがPHVを重視するのは、次世代エコカーをめぐる競争が激しさを増しているからだ。トヨタはハイブリッドのプリウスの量産化に世界で初めて成功。ハイブリッドではトヨタが世界でダントツだ。

 だが、これが逆に裏目ともなっている。欧米を中心とする大手各社はトヨタに追いつけないハイブリッドをすっ飛ばして、一気にPHVやEVで新型車を投入して攻勢をかけようとしている。フォルクスワーゲンやBMW、メルセデス・ベンツなどは主要車種でPHVのラインアップを整え、EVでも野心的な目標を掲げている。PHVやEVでのラインアップはライバルがトヨタを上回っているのが現実だ。

 政治的にもトヨタを標的とした"HV包囲網”が形成されつつある。環境規制が各国で厳しくなる中、米カリフォルニア州では2018年モデルからゼロ・エミッション・ビークル(ZEV)規制が強化され、トヨタが得意なHVがエコカーとみなされなくなる。さらに欧州各国や中国でも環境規制が強化され、EVやPHVの普及を後押しするなど、HV以外の優遇策が目白押しだ。

EV開発でも2020年の量産化を目指す

 もっともまだPHVやEVはそこまで売れてはいない。トヨタはEV開発に向けて昨年末に社内に新組織を作り、2020年ごろの量産化を目指している。トヨタがPHVやEV、FCVにも力を入れることで、次世代エコカー普及の新たな起爆剤になる可能性もある。トヨタはプリウスPHVが成功すれば、ほかの車種にも横展開していく考えだ。

 内山田会長は「将来の車を考えると、HVやPHV、EV、FCVでどれか一つに定まらず、併存期間が長いと思う。全部ひっくるめて電動化車両と言っているが、コア技術となるバッテリー、モーター、パワー半導体などベースとなる技術は(これまで先頭を走ってきた)HVに盛り込まれている。PHVやEV、FCVもなるべく早く低コストで普及できるようにしたい」と意気込む。

 次世代エコカーのパワートレーン(動力機構)の主役がまだ定まらない中、全方位での開発が求められ、研究開発費は膨れている。そうした中で、トヨタもいよいよPHVに本格参入する。HVの王者は次世代でも王者でいられるか。新たな戦いが幕を開けた。

東洋経済オンラインの関連記事

東洋経済オンライン
東洋経済オンライン
image beaconimage beaconimage beacon