古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

3年間生き地獄!醤油や味噌も買えず、一家が路頭に迷ってまで「24時間無人加工システム」をつくった理由

ダイヤモンド・オンライン のロゴ ダイヤモンド・オンライン 2018/08/11 06:00 山本 昌作

鉄工所なのに、「量産ものはやらない」「ルーティン作業はやらない」「職人はつくらない」!なのに、ここ10年、売上、社員数、取引社数、すべて右肩上がり。そんな会社をご存じだろうか?その名は、「HILLTOP株式会社」。京都府宇治市に本社がある。今、この会社に、全国から入社希望者が殺到しているという。その謎を解きに、記者は現地に飛んだ。京都駅から近鉄・大久保駅で下車。タクシーで本社まで約5分。車を降り、本社を見上げた瞬間、度肝を抜かれた。「ぴ、ピンク?こんな社屋、見たことない!」とても鉄工所に思えない。以前は、油まみれの“見るも無残な”鉄工所だったが、今や、宇宙・ロボット、医療・バイオの部品まで手がける「24時間無人加工の夢工場」へ変身。取引先はディズニー、NASAから一部上場のスーパーゼネコンまで今年度末に3000社超。社員食堂・浴室・筋トレルームがあり、「利益率20%を超えるIT鉄工所」とテレビで紹介され、年間2000人超が本社見学に訪れるという。そして、最も注目されているのは、山本昌作代表取締役副社長の生産性追求と監視・管理型の指導を徹底排除した「人材育成」。「ものづくりの前に人づくり」「利益より人の成長を追いかける」「社員のモチベーションが自動的に上がる5%理論」を実践。入社半年の社員でも、ディズニーやNASAのプログラムが組めるしくみや、新しいこと・面白いことにチャレンジできる風土で、やる気あふれる社員が続出。しかも、この経営者、鉄工所の火事で瀕死の大やけどを負い、1ヵ月間意識を喪失。3度の臨死体験。売上の8割の大量生産を捨て、味噌も買えない極貧生活をしたというから、まさに、個人も会社もどん底からのV字回復だ。この20年、数々のカリスマ経営者を取材し続けてきた記者も、こんな面白い会社は見たことがない。今回、初の著書『ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所』が発売たちまち第3刷となり、8/4に朝日新聞にも書評が掲載された山本昌作氏を直撃。人が採れない時代に、なぜ、京都の鉄工所が世界最先端のVIP企業から重宝され、日本中、いや世界中から入社希望者と見学者が殺到しているのか?社員がイキイキ働きながら、がっちり儲かっている秘密を、HILLTOPの山本昌作副社長に語っていただこう。(構成:寺田庸二)

「丘の上」を目指した24時間無人加工システム

 親会社に、「下請をやめる」と申し出た2ヵ月後、工場内の機械はすべて引き上げられ、売上の8割を喪失しました。

 私は、下請脱却を申し出た張本人です。 その責任を果たすため、新規顧客の獲得に日々奔走しました。

 しかし、それからの3年間は、まさに地獄でした。 売上も仕事も給料もなく、路頭に迷ったのです。

 生活するお金にも困り、酒屋さんに、「何度も何度も、醤油や味噌をツケで買うのは勘弁してくれ」と怒られました。

 そんな厳しい状況の中で、長男の山本勇輝(やまもとゆうき、現アメリカ法人CEO)が生まれました。

 しかし、日々、明け方近くまで仕事をしていたので、今思い出しても、長男の起きている姿を見た記憶がありません。

 休みも正月の3日間だけ。「何としても仕事を取ってくる」という思いにとらわれ、まわりが見えなくなっていた。あのときの私に家族を思いやる余裕はありませんでした。

「このまま、本当に終わってしまうのではないか」 という怖さに怯(おび)えながら、毎日必死にかけずり回り、つくったことのない製品でも手当たり次第に受注しました。

 勝手がわからないため、コストも時間もかかりましたが、それでも多品種少量生産(単品加工)には、大量生産にはない“わくわく感”があったのです。

すべては定量化できる

 単品加工の仕事には、知的興奮がありました。

 けれど、単品加工の仕事でさえ、リピート注文が入ってくると、同じ作業を繰り返す。そうなると知的作業ではなくなり、「前はどうやってつくったのだろう」と思い出しながらの作業になる。 一度受注した加工にもかかわらず、人のあいまいな記憶に頼ると作業時間だけは長くかかります。

 そこで私は決断しました。

すべては定量化できる。職人の技術やノウハウをデータベース化し、ルーティン作業は機械にさせる。そうすれば、人がルーティン作業から解放され、知的作業に集中できる。加工の仕方をデータベース化しておけば、リピート受注があったときにすぐ対応できるはずだ……」

 そんな思いから、私はコンピュータと機械のオンライン化に着手しました。 職人それぞれに手法が異なる暗黙知(職人のカンや感覚)を分析し、データベースに落とし込む作業を淡々と繰り返したのです。

 そして、ついに「多品種単品・24時間無人加工システム」が完成しました。 当社では、このシステムを「ヒルトップ・システム」と呼んでいます。

 今回、年間2000人の見学者が訪れる、鉄工所なのに鉄工所らしくない「HILLTOP」の本社屋や工場、社内の雰囲気を初めて公開しました。ピンクの本社屋、オレンジのエレベータ、カフェテリア風の社員食堂など、ほんの少し覗いてみたい方は、ぜひ第1回連載記事をご覧いただければと思います。

山本昌作(やまもと・しょうさく)HILLTOP株式会社代表取締役副社長自動車メーカーの孫請だった油まみれの鉄工所を、「“白衣を着て働く工場”にする」と、多品種単品のアルミ加工メーカーに脱皮させる。鉄工所でありながら、「量産ものはやらない」「ルーティン作業はやらない」「職人はつくらない」という型破りな発想で改革を断行。毎日同じ部品を大量生産していた鉄工所は、今や、宇宙やロボット、医療やバイオの部品まで手がける「24時間無人加工の夢工場」へ変身。取引先は、2018年度末で世界中に3000社超になる見込。中には、東証一部上場のスーパーゼネコンから、ウォルト・ディズニー・カンパニー、NASA(アメリカ航空宇宙局)まで世界トップ企業も含まれる。鉄工所の平均利益率3~8%を大きく凌ぐ「利益率20%を超えるIT鉄工所」としてテレビなどにも取り上げられ、年間2000人超が見学に訪れる。生産性追求と監視・管理型の指導を徹底排除。「ものづくりの前に人づくり」「利益より人の成長を追いかける」「社員のモチベーションが上がる5%理論」を実践。入社半年の社員でもプログラムが組めるしくみや、新しいこと・面白いことにどんどんチャレンジできる風土で、やる気あふれる社員が続出。人間本来の「合理性」に根ざした経営で、全国から応募者が殺到中。「楽しくなければ仕事じゃない」がモットー。本書が初の著書。【HILLTOP株式会社HP】

ダイヤモンド・オンラインの関連リンク

ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド・オンライン
image beaconimage beaconimage beacon