古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

JAL、VRを使った機内の魅力を伝える実証実験

マイナビニュース のロゴ マイナビニュース 2018/07/04 14:14 丸山篤

日本航空(JAL)とナーブは、海外の法人セールスにおいて、VR(仮想現実)を活用して、JAL機内の魅力を伝える実証実験を行うと発表した。

JALとナーブはこれまでVRを活用して、海外のユーザーにJALを知ってしてもらうための取り組みを行っており、昨年は、海外空港カウンターでVRを活用したシートアップグレードを仮想体験をしてもらう取り組みをしており、今回の法人セールスでの実証実験では、シートだけでなく、機内食や客室乗務員によるサービスも仮想体験できるという。

© マイナビニュース

画面イメージ

これにより、パンフレットなど紙媒体でしか表現できなかったシートの快適性やJALのおもてなしを、VRによってよりわかりやすく伝えていくという。

また、軽量で折り畳み可能なナーブの新型VRゴーグルを使用することで、営業先のオフィスや展示会場などさまざまな場所で手軽に体験でき、機内にいるかのような臨場感溢れる映像を堪能できるという。

© マイナビニュース

ナーブの新型VRゴーグル(左)と利用イメージ(右)

実証実験の対象地域 は香港、シンガポール、オーストラリア(今後拡大予定)で、期間は7月~2019年3月(予定)。

© マイナビニュース 提供

マイナビニュースの関連リンク

マイナビニュース
マイナビニュース
image beaconimage beaconimage beacon