古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

第一生命H:4-12月期純利益、海外金利低下で減益ーT&D売却益減

Bloomberg のロゴ Bloomberg 2020/02/14 17:48 伊藤小巻

(ブルームバーグ): 第一生命ホールディングスが14日発表した19年4-12月期連結純利益は前年同期比16%減の1274億円だった。金利低下による市場価格変動で責任準備金の積み増しが影響した。通期業績予想は据え置いた。

4-12月期(前年同期比)
連結保険料等収入は7.4%減の3兆6536億円第一フロンティア生命で、販売反動減や海外金利の低下で外貨建て保険の販売が減少グループ基礎利益は3.8%減の3900億円第一生命保険で、円高・低金利環境継続や、利回りの高い債券の償還タイミングが影響し、順ざやが減少した

  T&Dホールディングスの19年4-12月期連結純利益は、有価証券売却益が減少し前年同期比17%減の508億円だった。通期予想に対する進ちょく率は79%として据え置いた。

4-12月期(前年同期比)
連結保険料等収入は5.6%増の1兆3207億円一時払い商品の販売が増加グループ基礎利益は9.2%増の1252億円順ざやが増加

記事についての記者への問い合わせ先:東京 伊藤小巻 kito@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:今田素直 simada4@bloomberg.net, 上野英治郎

For more articles like this, please visit us at bloomberg.com

©2020 Bloomberg L.P.

Bloombergの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon