古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

寄付による住民税軽減740万人 過去最多、ふるさと納税

共同通信 のロゴ 共同通信 2022/07/29 16:48 共同通信社
総務省 © KYODONEWS 総務省

 総務省が29日公表したふるさと納税の調査によると、2021年に寄付を行い、22年度の住民税が軽減されるのは740万8千人だった。軽減額は計5672億4千万円。いずれも過去最多を更新し、人気拡大を示した。一方、寄付先に選ばれることが少ない都市部の自治体は、税収流出への危機感を強めている。

 ふるさと納税で寄付すると、原則として寄付額から2千円を差し引いた額だけ、居住自治体に納める住民税や、所得税が減る。この影響で、22年度の住民税収が最も減るのは横浜市で230億900万円。名古屋市143億1500万円、大阪市123億5900万円が続いた。

共同通信 の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon