古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ラクして残高が増える!? 単純な秘密とは?

All About のロゴ All About 2018/11/09 20:30 山崎 俊輔(マネーガイド)
「稼ぎ力」をアップして、お金持ちになる一歩を踏み出しましょう。あなたにもできる、年収アップより、株でデイトレードするより、簡単で確実にお金を増やせる方法があります! © All About, Inc. 「稼ぎ力」をアップして、お金持ちになる一歩を踏み出しましょう。あなたにもできる、年収アップより、株でデイトレードするより、簡単で確実にお金を増やせる方法があります!

誰でも必ずお金を増やせる方法がある! それは?

ここでは、働いている人なら誰でも始められる、ラクしてお金を増やしていける単純な方法をお話しします。

「稼ぎ力」の向上というと、ほとんどの人は年収のアップを考えるでしょう。あるいはデイトレードなどをやってお金を増やすことを考える人もいるかもしれません。「仕事で稼ぐ力のアップ」「運用で稼ぐ力のアップ」はいずれもお金を増やす方法としてとても重要ですが、誰でも実現できるとは限りません。しかし、お金を増やす方法は本当にそれだけでしょうか?

たとえば、今ここに1万円があったとして、来月までに2万円に増やす方法は他にないでしょうか? しかも確実に増やせる方法はないものでしょうか。

もし、あなたが働いてお金を稼いでいる人であれば、自分のお財布から1万円をすっと出して、そこに追加してみたらどうでしょう。株やFXでは増やすチャンスもありますが、失敗すると1万円が5000円になってしまいます。しかし、自分の給料から1万円を捻出する方法なら必ず増やすことができます。

何やら当たり前の話で拍子抜けという人もいるでしょうが、「貯蓄力」はラクしてお金持ちになるために欠かせない運用方法のひとつです。何せ元本割れがありません。そのお金を生み出すための力はあなた自身ですから、元気であれば、一生涯お金を増やし続けていくことができます。

たとえば、毎月1万円、ボーナス6万円を貯めることができる人は年間にして24万円の「貯蓄力」があることになります。株で24万円儲けようと思ったらかなり大変です。しかし、「貯蓄力」の場合、株価など仕事以外のことを考える必要もありません。毎日やっている仕事をがんばり続けて、少し節約をすればお金は増えていきます。こんなにラクなことはありません。

さて、あなたは現在、貯蓄をしているでしょうか?「貯金なんかできないよ~」と悲鳴を上げている人は次の項目を読んで、ラクして自動的に貯金をする方法を考えてみましょう。一度セットすれば勝手にお金が貯まる方法をお教えします。

もし、「自分は貯蓄できているよ」という人は次の項目は飛ばしても大丈夫。貯蓄を続けることで自動的に1000万円が貯まる仕組みをご紹介します。とにかく、最初にセットすれば、あとは自動的にお金が貯まり増える仕組みです。

強い意志はいらない! ガマンも不要! 自動でお金を貯める仕掛け!

貯金をしていない人の多くは「貯金には強い意志が必要で、自分にはムリ」とか「貯金するのはしんどいからダメ」と思っているのではないでしょうか。確かに、お金を残すためには出費をセーブしなければならないわけですから、今までの生活のどこかを切りつめることになります。

しかし、逆転の発想で、お金を貯める方法を考えてみたいと思います。つまり、「意志に関係なくお金が貯まる方法」であり「ガマンをすることなくお金が貯まる方法」です。もしこれが実現できればラクラク無理なくお金が貯まるわけです。ぜひ一緒にチャレンジしてみましょう。

「意志に関係なくお金が貯まる方法」……自分の意志で貯めよう、と思い実行するのは大変です。買い物や飲み食いをガマンすることとセットになってしまうからです。そこで発想を逆転してみます。自分の意志に関係なく自動的にお金を貯めるようにするのです。

「ガマンをすることなくお金が貯まる方法」……ガマンをする、というのは今目の前にあるお金を残しておかなければならないと感じる感情です。口座にお金が残っているのに使ってはいけないと思うのは、しんどいことでしょう。そこで発想の逆転です。口座にお金を残しておかないようにするのです。給料日の翌日などにお金を移動して、メインバンクの口座から見えなくしてしまえばいいのです。

強い意志もガマンも不要で自動的にお金を貯められる仕掛けとして挙げられるのは 「自動引き落とし」です。ほとんどの銀行は自動積立があります。5000円程度から指定日に自動的に定期預金を積み立てていったり、1000円程度から指定日に自動的に投資信託を継続購入するプランがあるのです。オンライン証券会社などでも自動引き落としで投資信託を購入するプランがあります。

こうした仕組みを活用して、お金を貯めるのなら楽勝です。必要なのは窓口で最初の手続きをすることだけ。忙しい人はメールオーダーやWEBから申し込みできる場合もあります。いったん始めてしまえば、後は自動でお金が貯まる仕組みが用意できます。

もちろん、いきなりたくさんのお金を積み立てようとすると生活はうまくいかなくなることでしょう。最初は手取りの5%くらいから始めるといいでしょう。手取りが20万円の人なら毎月1万円からスタート。

1万円の貯金、ということは1日あたりで320円程度です。先に引き落とししておくと、気がつかない程度です(コンビニでムダな買い物をちょっと抑えるだけでOKです)。だまされたと思って始めてみてください。合い言葉は「自動的に」です!

始めた人は、自動的に1000万円貯められる!

さて、自動的にお金を貯める効果がどれくらいあるか、検証してみましょう。自動引き落としで定期預金に5000円、投資信託を5000円買ったケースを考えてみます。合計で毎月1万円というわけです。給料日の翌日に自動引き落としをするので、意志もガマンも手間もいりません。こんなラクなやり方でどれほどお金が貯まるものでしょう?

大卒22歳の人がもし、この「自動的」な積立を始めたとしたら、60歳になるまで456万円の積立ができたことになります。利息がなくても勝手にこれだけ貯まるわけです。実際には利息もありますからもっと増えます。定期預金と投資信託の合計の利息が年3%だとしたら(定期預金0.5%、投資信託5.5%と仮定)、資産は849万円になっています。1000万円には少し届きませんでしたが、自動的にここまで来れるわけです。

会社員であれば、夏と冬にボーナスが出るところが多いので、これも少しだけ積み立ててみましょう。もちろん自動化しておくといいでしょう。もし、ボーナスのたびに5万円貯めていたとします。金額にもよりますが、これくらいならなんとかなりそうです。他の条件は先ほどと同一と仮定すると、60歳時点で700万円の上積みできます。

なんと、1000万円どころか合計で1550万円の積立に成功してしまいました! 自動化して貯めておくだけで、これだけの差が実現できるわけです。

もちろん、毎月2万円貯められる人は最終的な積立は2倍になります。がんばれる人は1000万円といわず、2000万円、3000万円と自動で貯めることも可能なわけです。最初から2万円がムリであれば、途中から2万円にしてもいいのです。

もし、折り返し地点から毎月積立額を2万円にした場合、849万円から1156万円に積立額はアップします。ボーナスがなくても1000万円が実現できてしまうわけです(ちなみに、ボーナスを折り返し地点で追加5万円した場合は最終的に954万円貯めることができます)。

自動的に1000万円貯められるなんて夢みたいな話です。何せ株価や経済ニュースのチェックをしなくても実現できるのですから、こんなにおいしい話はありません。

しかしおいしい話には裏があるもの。あなたも1000万円貯めたいのであれば、ひとつだけ条件があります。それは「実行」すること。このコラムを読んでいるだけではあなたの「稼ぎ力」はアップしません。とにかく銀行の窓口に行くことです。そして案内係の人に「自動積立の相談をしたい」と告げることが必要なのです。あとは窓口の担当の人が手続きを説明してくれるはずです。

ガマンも苦労もせず、ラクしてお金を1000万円貯める方法を考えてみました。行動して「ラクして1000万円」を実現しますか? それとも行動しないで「しんどいしお金も貯まらない」人生を送りますか? ご紹介したやり方を信じるか、信じないかはあなた次第です。

でも、「信じられないけど、とりあえずやってみよう」でもいいから始めていただけると私としてはうれしいです。もし思った通りにならなくてもその時点でやめて解約してしまえば、お金は残りますから損はほとんどしないはず。

だまされたと思って、一度「自動的」積立を始めてみてください。きっと、数年後には「ああ、本当だったんだ!」と思っていただけることでしょう。もしそう思えたら、あなたは「1000万円貯められる人」の仲間入りができていることでしょう。

All Aboutの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon