古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

専門家が明かす、お金をかける価値のある6つの"高い買い物"

BUSINESS INSIDER JAPAN のロゴ BUSINESS INSIDER JAPAN 2018/11/24 07:00 Audrey Noble
どんなシチュエーションでも一番安いオプションを選ぶことが必ずしも賢いお金の使い方ではない。 © Tory Ho/Getty Images どんなシチュエーションでも一番安いオプションを選ぶことが必ずしも賢いお金の使い方ではない。

  • お金の優先順位は人それぞれだ。何に価値を見出すかで変わってくる。
  • 大学教育など高額な費用はかかるが、将来、給与として投資を上回るリターンが得られるものもある。
  • 専門家に聞いた、お金をかける価値のある6つの"高い買い物"を紹介しよう。

誰でもお金は賢く使いたいものだ。だが、それは常に一番安いオプションを選ぶことを意味しない。事実、より高いアイテムや経験が一生懸命稼いだお金を最も生かすこともあれば、一番安いものを選んだことで無駄にすることもある。

「わたしたちの多くは、気付かないうちにどうでもいいものにお金を使って、大事なものを犠牲にしているのです」

お金の専門家で『The Broke and Beautiful Life』の著者でもあるステファニー・オコネル(Stefanie O'Connell)氏は、Business Insiderに語った。「だからこそ、最初のステップは自分の優先順位を明確にすることです。それから自分が何にお金を使ったかを振り返って(アプリを使ってもペンと紙を使ってもOK)、実際に自分の優先順位と合致しているかどうかをチェックし、必要に応じて修正しましょう」

また、自分の生活にもたらす付加価値も重視すべきだ。

「何かしらのアイテムもしくはサービスにたくさんのお金を使う前に、それが自分に何をもたらすか把握しておくのも良いでしょう」と、ファイナンシャル・プランナーで「Life Laid Out」の創業者でもあるロジャー・マー(Roger Ma)氏は、Business Insiderに語った。「それは、時間の節約になるか? 自分がやりたくないことを回避する助けになるか? 自分にもっと自信が持てるようになるか? 長い間、忘れることのない経験になるか? と」

お金の専門家であるオコネル氏とマー氏に聞いた、お金をかける価値のある6つの"高い買い物"を紹介しよう。

1. 教育

© US Department of Education/Attribution License/Flickr

アメリカでは約70%の学生が学生ローンを抱えて大学を卒業する。そうしてまで高等教育を受ける価値があるのかどうか、議論は尽きない。しかし、マー氏は教育こそ最もお金を使う価値のあるものだと言う。

「自分自身への投資は、基本的に価値がある」とマー氏は言う。「知識を増やすことは、結果的に自分のヒューマン・キャピタル(人的資本)を高めることになる。つまり、雇い主にどれだけの金額を要求できるかということだ。加えて、新しいことを学ぶことで人生はおもしろく、エキサイティングなものであり続ける」

2. 旅行

© Ditty_about_summer/Shutterstock

旅行はからだだけでなく総合的な健康に良いと、NBCが報じている。オコネル氏は、旅行には自身もお金を使うという。「旅行はわたしに喜びをもたらしてくれるもの。お金はぜいたくに使います」

3. マットレス

© l i g h t p o e t/Shutterstock

アメリカ国立衛生研究所によると、健康のためには睡眠が必要不可欠だ。毎晩、推奨される7~9時間の睡眠が取れなくても、寝心地の良いマットレスに投資するのは道理にかなったことだ。

「睡眠パターンにもよりますが、わたしたちは毎晩5~8時間をマットレスの上で過ごします。良い睡眠を得られるかどうかは、生活のあらゆる面で影響を及ぼします」とマー氏は言う。「良い睡眠が得られなければ、職場でも生産性が上がらず、昇進もできず、最悪な気分になるかもしれません。良いマットレスはあなたの健康にも良く、長期的に見れば元は取れるでしょう」

4. 自分に合った服

© Diana Demenina / Shutterstock

服が自分のからだに合っていないと、どんなデザイナーが作ったものであっても、見た目は悪くなる。どんなブランドにお金を使うかを考える代わりに、どうしたらぴったり着こなせるか考えよう。

「タグに書かれた名前よりも、からだに合っているかどうかの方がより重要だと思います」とマー氏。「服にどれだけのお金をかけるかにかかわらず、確実にからだに合うものを選びましょう」

つまり、袖の長さやパンツ丈を調整するのにお金を使うということだ。マー氏は言う。「からだにぴったり合った服は、全く見た目が違います」

5. 時間の節約になるサービス

© Scott Lewis/Attribution License/Flickr

マー氏もオコネル氏も、時間の節約になるサービスにはお金をかけるべきだと言う。「時間は戻すことはできません」とマー氏は語った。

「掃除やペンキ塗り、一般的な家の修繕など、一定のサービスをアウトソーシングすることには価値があるでしょう」「ニューヨーク・シティで暮らしているわたしにとっては、食事や服などの宅配サービスなども頼りになります。わたしの生活を大幅にラクにしてくれています」

オコネル氏も同意見だ。

「わたしとわたしの彼は、ふたりともHelloFreshのような食材の定期配達サービスを使っています。最近では月に1度、部屋を掃除してくれる人も雇っています」「わたしたちは今、時間が人生で最も貴重な資源だという時代に生きています。自分の時間を取り戻すためにお金を払うのは、理にかなったことです」

6. 健康

© Ilya Naymushin/Reuters

自分自身の健康のために投資したくない人などいないだろう。オコネル氏にとっては、最も重要なお金の使い道だ。

「グループで行うフィットネス教室、新鮮な食べ物(わたしはベジタリアン)、時々飲むしぼり立てのフレッシュジュース(ものすごく高くつくことも) —— 健康に良いものには、お金を惜しみません」とオコネル氏は言う。「身体的な健康だけでなく、こうした支出はわたしのメンタルヘルスにも多大な価値をもたらしています」

[原文:6 expensive things that are totally worth the money]

(翻訳、編集:山口佳美)

BUSINESS INSIDER JAPANの関連リンク

BUSINESS INSIDER JAPAN
BUSINESS INSIDER JAPAN
image beaconimage beaconimage beacon