古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

高還元率とお得がいっぱいの「dカードゴールド」

マネーの達人 のロゴ マネーの達人 2016/08/07 角野 達仁

最近、携帯電話会社がカード事業に積極的に参加してきています。

auは「au WALLETカード」、ソフトバンクはプリペイドカードの「ソフトバンクカード」を発行していますね。

その中で、最も大きな動きがあったのがNTTドコモ。従来あったクレジットカード「DCMX」をリニューアルして「dカード」として生まれ変わりました。

特にお得さが際立っているのが、「dカードゴールド」です。今回は、そんなdカードゴールドについて紹介します。

© マネーの達人 提供

≪画像元:http://d-card.jp/st/abouts/d-cardgold.html≫

dカードゴールドの概要

まずは、dカードゴールドの概要を紹介します。

年会費:税別1万円

家族カード:1枚目は無料、2枚目以降は税別1,000円

ETCカード:無料

電子マネー:iD(カード型、おサイフケータイ)

国際ブランド:VISA、マスター

この中でやはり気になるのは年会費1万円でしょう。最近では条件付きながら年会費無料なゴールドもある中、1万円は正直安くはありません。

年会費1万円も十分に元が取れる還元率

dカードゴールドは、カードショッピング利用1回あたり100円ごとに、dポイントが1ポイント貯まります。

つまり、還元率は1%ということで、平均的な還元率といえるでしょう。この条件で年会費の元をとるためには、年間100万円を利用しなければなりませんので、ちょっとハードルが高いですよね。

しかし、ここからがdカードゴールドの真骨頂。

毎月のドコモの携帯電話料金やドコモ光の利用料金については、還元率がなんと10%に大幅アップするのです。

年間10万円分、ドコモの携帯電話料金やドコモ光の利用料金があれば、1万円分の年会費の元は十分に取れるわけです。家族みんなの携帯料金をdカードで支払えば、さらにハードルが低くなりますね。

ローソンやマクドナルドではさらにお得なキャンペーンも

もちろん、普通にショッピングをしても十分にお得なdカードゴールドですが、ローソンやマクドナルドで利用するとさらにお得を実感できます。

ローソンでは、dカード決済で3%オフ&1%ポイント還元、2016年7月31日までにdカードゴールドを提示すると3%ポイント還元で、最大7%分もお得になっちゃいます。

マクドナルドでは、2016年9月までの期間限定で、iDでの決済で3%オフ&1%ポイント還元を実施。さらに東京都内の約100店舗では、dカードゴールドの提示で1%のポイント還元が受けられ、5%分もお得になります。

dポイントのステージアップでさらにお得

dポイントにリニューアルされて、ポイントステージがレギュラー、ブロンズ、シルバー、ゴールドの4ステージ制となりました。

ゴールドに到達するには、年間10万ポイントを獲得しなければならず、正攻法ではかなり大変です。

しかし、dカードゴールドを契約すれば、一瞬にしてゴールドステージへと到達します

ゴールドステージの特典として注目なのは、プレミアムクーポン。

・ dミュージックでの1曲無料購入クーポン券を抽選で1万名にプレゼント

・ USJ、劇団四季のチケットなどを抽選でプレゼント

・ 羽田空港のJALサクララウンジが利用可能

・ ローソンやファミリーマートでスイーツやフードが当たる

などの特典があります。

もちろん、ブロンズステージの特典である「ドトールのコーヒーサイズアップ」、「サンマルクカフェのコーヒー割引」などの特典も利用可能です。

手厚い補償も隠れた魅力

実は、dカードゴールドは手厚い補償も魅力です。

・ 旅行傷害保険:国内最大5000万円、海外最大1億円

・ 国内、海外航空便遅延費用特約

・ ケータイ補償最大10万円(補償期間3年)

・ お買い物安心保険年間最高300万円

特に、国内旅行の最大5000万円はかなりの手厚さです。

ドコモ、ローソン、マクドナルド愛用者にはオススメ

© マネーの達人 提供

≪画像元:http://d-card.jp/st/abouts/d-cardgold.html≫

dカードゴールドは、ドコモと契約していない方、ローソンやマクドナルドなどのポイントアップやクーポンを利用しない方にとっては、さほどメリットが大きくないです。

ちなみに、2016年8月31日までにdカードゴールドに入会をして利用すると、最大1万円分のiDキャッシュバックがもれなく受けられます。持ってない方はこの機会に検討してはいかがでしょうか。(執筆者:角野 達仁)

マネーの達人の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon